闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

SBIホールディングスと村上ファンド

2012年11月01日

SBIホールディングスと村上ファンド

 本日は「通貨の信認」や「国家と通貨」をお休みして、息抜きの(失礼!)話題です。

 SBIホールディングスについては、身売り話を含めて余り良くない話題が報道されていますが、これが「経済事件化」するかと言えば全く別の話です。子会社のSBI証券に証券取引等監視員会の検査が入ったとの報道もありますが、単なる定期検査です。

 まあグレーなところを取り上げれば「保有株式価値の水増しや高値売却(疎開と言います)による決算操作」「その決算書を使った資金調達」「海外を使った株価操作」などがあるのですが、これだけでは経済事件にはなりません。

 そもそも経済事件とは、捜査当局を含む官僚組織にとって「意味のある」あるいは「取り上げないとまずい」順番に事件化していくので、まずSBIホールディングスや北尾氏が何らかの理由で捜査対象にならなければなりません。

 つまり経済事件とは「悪質な順番」に事件化しているわけではなく、今のところSBIや北尾氏が捜査対象になっているようには見えません。SBIが銀行免許や証券免許を持っているからと言って、捜査対象になる順番が変わるわけでもありません。

 仮にSBIが捜査対象に選ばれれば上記のような「容疑」になると思うのですが、これらは捜査当局が都合よく選んでくれるので(時々びっくりするような「容疑」が選ばれています)、現段階で法令違反であるかどうかを議論することは全く意味がありません。

 さて今週発行の週刊ポストに、村上世彰氏が関係していると思われるファンドがSBIホールディングスの大株主として登場したことについて、いろいろ背景を推測した記事が出ています。

 このファンドは本年夏頃から積極的な株式投資を始めたようで、数銘柄の大量報告書(5%超保有)が提出されています。その中でも最大のものがSBIホールディングスで、共同保有者分を合わせて5.85%(73億円相当)を保有しているようです。ただすべての銘柄は信用取引を交えて市場で取得しています。
 
 このファンドの取得目的は週刊ポストの推測とは関係なく、単純に「儲かると考えた」だけです。

 このファンドが「儲かると考えた」理由を詮索することはもっと意味がないのですが、もし村上氏がこのファンドの意思決定に参画しているのなら、村上氏の株式市場に対する基本観があまり変わっていないように感じられます。

 つまり2005年以前の村上氏の基本的な考え方は「上場会社は株主のもので、大株主になれば会社を支配でき、会社資産を自由に出来る」で、いままでの経営陣・社員・取引先・株主らが営々と築き上げた有形無形の財産をすべて「割安に合法的に」奪取してしまおうとするものだったはずです。

 この考え方は証券市場に長く関わる人間にとって「決して賛同できない」ものであり、まさに「野蛮な来訪者」(注)でした。

(注)1985年のKKRによるRJRナビスコ買収劇の本で、原題はBarbarians at the Gateです。総額250億ドルの買主総額は、2007年の同じKKRによるTXU買収(450億ドル)に破られるまで記録となっていました。

 しかし当時の村上氏の成果は、確かに保有株式は環境も味方して大いに上昇したのですが、経営権の取得に成功した例はなく、結局のところアイヴァン・ボイスキーやカール・アイカーンのような「鞘取り業者」だったことになります。

倫理的な議論を抜きにしても、こういう村上氏の基本観が変わっていないとすれば、今回も「成功は難しい」かもしれません。

 確かに2005年までに比べれば、割安だった銘柄はますます割安になっており、チャンスが増大しているように見えます。

 経験的に言って、現在割安な株価が自然に修正されることはなく、買い集めることによって株価が一時的に上昇したとしても、そこで売却するためには以前のような「発行会社への高値での買い取り要求」や「第三者を誘い込んでの高値売却」が必要となります。

 つまり株式市場で割安に放置されている銘柄にはそれなりの理由があり、買って保有しているだけだとますます割安になってしまうのです。株式市場には「誰も発見していない、買うだけで儲かる割安銘柄」などあるはずがないのです。

 話は全く変わるのですが、もう1つコメントを頂いていました小手川氏は確かに実在しています。ネット取引だけで200億円近い資金を作ったようで、純粋に「賞賛」に値します。もちろん「割安銘柄」を狙って投資しているわけではなく、実質破たんした米国FNMA株式まで大量に保有していたようです(上場廃止になっているのですが、どうしたのでしょうね?)。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
村上氏のことではありませんが、嘗て、村上ファンドのマネージャーだった言われているエッシモ・マネジメント代表・高坂卓志氏の株式支配も村上氏流であり、株主には迷惑なお騒がせ集団。

5966<新立川>
23.8.29日時点 242万5000株保有<21.99%> 1株取得値・3407円・・・エッシモは公開買い付けに応募の合意<買い付け価格・5200円>・・・43.4億円利益。

8821<立飛企業>
23.8.29日時点 244万8600株保有<17.48%> 1株取得値・5318円・・・公開買い付けの応募<買い付け価格・6300円・24億円利益。

この公開買い付けでエッシモは、77億円利益・・立飛は宗教法人・真如苑に株式の保有をしてもらって防戦していましたが。公開買い付けを実施しなきゃならい状況にエッシモがしたんじゃないかと推測しますけど!立飛・新立川は、東京都立川市に土地・建物を所有し賃貸収入で左団扇の会社。


ダイワボウ情報システム株式をエッシモは買い占め、親会社・ダイワ紡がTOBを実施し、エッシモはTOBに応募して約70億円稼ぐ!


学研なんか、散々な目にあいましたから。学研はHD会社になったのをエッシモは、会社法を利用して所有株を買い取り請求。買い取り価格は裁判所で決められ、学研は、エッシモ所有株式を購入。その資金は、自己資金だけじゃなく、金融機関からの借り入れもありました。

エッシモは、取得金額よりも学研の買取価格は低く、マイナスでしたけど、エッシモにしてみれば市場内処分をすれば株価下落しますし、学研にしても株価急落しますから!エッシモには会社を支配なんて気持ちはありませんから!

ただ、いかにして高く買い取りさせるかだけ・・・

エッシモのやり方は、決して株主、投資家のためにはなりません!


他にもエッシモが保有する銘柄はあります。

少し、傾向が違うのは、8013<ナイガイ>で、当初は、立花証券での信用買い建て<議決権も立花>でした。6か月期限到来で、市場外で期日到来株数を処分し、処分株数分を新規建てを立花証券でしていましたが、現引きをし、その資金出資者は、ロイヤル・バンク・カナダと判明<1538万株>で、今までの手法とは違っています。

村上氏では、阪神発行転換社債で、株価が転換価額を超えず期限到来で阪神が償還金を準備しなければならないのに目をつけ、未転換社債を買いまくり、転換行使し、そのことも阪急との経営統合になったのかと思います。その目の付けどころは、流石ですけど!

株式市場の話は面白いですね。読み手としてはどうしてもマニアックな話が聞きたくなってしまいます。決算で赤字まみれのパナソニックやシャープの今後も聞きたいです。
筆者がお好きなサハダイヤモンドの投稿を待っているのです(笑
大量保有報告書等から、レノ、村上世彰氏等が株式を保有する銘柄

1.6670<MCJ> 24.10.17日時点

株券  7,975,800<15.68>
1株・141.2円

<信用取引>
カブコム証券    1,199,500株
ライブスター証券    550,900株
三晃証券      1,446,700株
合計        3,197,100株

2.4295<フェイス> 24.10.17日時点
株券  62,408株<5.22%>
1株・8730.5円

<信用取引>
三晃証券    3,826株
カブコム証券  6,269株
合計     10,095株

3.8473<SBI> 23.10.12日時点
株券  13,135,820株<5.85%>
1株・505.2円

<信用取引> 24.9.10日時点
野村証券  7,400,000株
三晃証券  1,500,000株

4.6632<ケンウッド> 
株券 6,511,400株<5.47%→4.68%に減少>

5.3750<セブンシーズ> 24.10.5日時点
株券   9,764,000株<10.01%>
1株・11.14円

※リビルド変更2<24.6.15日義務発生日>
リビルド  株券   7,974,600株<1株9.1円>
村上世彰  株券   4,307,000株・・・24.3.末日有価証券報告書の大株主として登場>

従って、レノ及びリビルド及び村上氏合計で、22,045,600株<22.6%>


私の記憶では、物言う株主<村上氏>は、東京スタイル株主総会で、会社のタンス預金<余剰資金>を経営者は、株主に対して投資をしていないと主張し、投資をしないのなら株主へ増配すべきと迫る。大昔のピケンズ氏の小糸製作所株主総会発言と類似かと。
わしらにとっては雲の上の話だが、

村上タイプが嫌いなら

非上場にすればいいわけだ。

上場する以上はそれなりの覚悟がいるのでは。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム