闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

一層強化されそうな世界の金融緩和 その弊害は?

2012年11月09日

一層強化されそうな世界の金融緩和 その弊害は?

 オバマ大統領が再選された翌日(11月7日)のNY株式市場は、312ドル安の12932ドルとなりました。

 大統領選挙が終わり、そして上下院が再びねじれ状態となったことで、本年末からの減税失効や連邦予算の強制削減など6070億ドルもの「財政の崖」への懸念と、オバマ再選により金融規制が強化されることへの懸念が、改めてクローズアップされたようです。

 結局2期目のオバマ政権も、2014年1月にバーナンキが再選されそうなFRBによる超金融緩和の継続に頼ることになります。

 そして本日(11月8日)から中国で10年に1度の共産党大会が始まりました。胡錦濤から習近平に総書記が交代することは規定の事実ですが、その他の首脳人事は良く分かりません。

 しかし中国でも経済対策が最重要であることは間違いなく、またロムニーの落選で為替操作国への指定もなくなり、ここでも積極的な金融緩和に頼るしかなさそうです。

 またEUの経済見通しでは、ユーロ圏17か国の実質経済成長率が2012年でマイナス0.4%、2013年で0.1%と、今年5月の予想よりそれぞれ0.1%、0.9%もの下方修正となりました。

 特にイタリアは2012年がマイナス2.3%、2013年がマイナス0.5%、スペインが両年ともマイナス1.4%となっており、それぞれ財政問題を解決できる経済成長が全く期待できないことになります。

 つまり大統領選挙後の米国も、共産党大会後の中国も、財政問題の解決が急務のユーロ圏も、結局は強力な金融緩和に頼るしかないことになります。

 政治以前の混迷状態が続く日本でも、全く同じことです。

 見極めなければならないことは、ここから世界中が一層強力な金融緩和を推し進めた場合に、どういう弊害が出てくるかです。

 現在10兆ドルを超える世界の外貨準備に占めるドルの割合は62%、ユーロは25%、それにポンド・円・スイスフランなどが合計で5%です。しかし3兆ドルを超える中国の外貨準備が通貨別内訳を発表していないのですが、ドルに偏重しているはずなので実際はもっとドルの割合が大きいと思われます。

 外貨準備に占める割合が、そのまま国際通貨としての流通量を表しているわけではないのですが、大雑把に言って3分の2が米ドル、4分の1がユーロ、ポンド・円・スイスフランなどを合わせて5%と言えます。

 極論すれば、世界で流通している国際通貨はドルとユーロしかなく、その2つで90%を占めていることになります。

 そのドルとユーロが、今までにも増して世界に供給されてくることになります。

 もちろん供給されると言うことは、FRBもECBもより積極的に市場から資産を購入することになり、その中には従来と違った資産も含まれてきます。

 それがECBでは南欧国債であり、FRBでは住宅ローン担保付債権(MBS)なのです。

 つまり金融緩和の手段としてだけでなく、ECBは南欧諸国の国債発行を容易にするため、FRBは国内の不動産市況対策も兼ねているのです。

 つまり世界で流通しているドルの中にはMBS(つまり米国不動産)が、ユーロの中には南欧国債がかなり含まれていることになるのです。

 そのドルとユーロが、もっともっと供給されて世界で流通していくのです。

 中国人民銀行はその資産の中に3兆ドルを超える外貨準備を抱えています。つまり人民元の中にはドルがかなり含まれていることになり、その人民元をこれまた大量に国内に供給して、同時に国際化しようとしているのです。

 良く分かりませんが、何か良くないことが起こりそうな気がしています。

 日本銀行の対応も含めて、もっと考えてみることします。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
昨今の諸外国の金融緩和によって生じた資金はどこに行ってしまったのでしょう?日本なら悲しいかな、日銀の当座預金で説明できてしまいますが、、、。原油も金も相場は落ち着いていますし、穀物も一時期を境に騒がなくなりましたし、、、。知らぬどこかでバブルになってなければよいですが。。。
NYダウと日経のリーマン後の安値は、どちらも6000円台で、アメリカはもう倍の位置ですので緩和のお陰です。ECBの方はやはり南欧国債でしょう。
緩和の悪影響は、今までの事を考えると、日本が一番受けそうな気がします。他が助かる為の踏み台にされそうな気配。通貨は常に相対なので。
財政の崖を乗り越えた後には
米国は金融引き締め(出口政策)へ
徐々に舵を切っていくと思います。

アメリカも景気が回復してきてますし
インフレ率が2%に近づけば
「雇用の安定」「物価の安定」のうち
物価の安定に引っ掛かってしまいます。
雇用も現状ではボチボチ安定しているように見えますし。
あまりにも短絡的ですが、ドルの大暴落で世界がパニックなんてこともあるのでしょうか?
財政の崖の乗り超えを失敗したら普通に世界大恐慌ですw

アメリカの2013年GNP成長がが-5%になると試算されていますので
欧中日でも連鎖で波及してメチャクチャな事になると思います。

まぁそんな事にならないように祈りましょう。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム