闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

闇株新聞 フラッシュバック その2

2012年11月28日

闇株新聞 フラッシュバック その2


 本を出版する準備中のため、2週間ほどは闇株新聞の過去記事から「ぜひもう一度読んで頂きたい記事」を選んで掲載しています。

 本日は、やはり証券市場に大きな影響を与えたオリンパス事件に最初に切り込んだ記事です。不正確な外電をきっかけに大騒ぎになりそうだったので、大急ぎで書いたものです。


2011年10月24日付け  オリンパスの闇・第2幕

 本日は、先週末に史上最高値を更新した円について書こうと思っていたのですが、オリンパスのウッドフォード前社長の解任の原因ともなった不明朗な企業買収に関し、外電(ロイター)のスクープ記事が出たのですが、正直あまり正確な記事ではないため、私の理解していることを書くことにしました。

 ロイターのスクープ記事とは、オリンパスが2008年2月に英国の医療機器会社・ジャイラスを買収した際、約700億円もの「報酬」を、実態のわからない海外ペーパーカンパニーに支払った件で、この流れに「日系人でウォール街のバンカーだったサガワ氏」が関わっているという記事です。

 彼は日系人ではなく純粋の日本人の佐川肇(さがわはじめ)氏のことで、別に敏腕のバンカーだったわけでもなく単なる管理畑の人間です。従って、彼がすべてを仕組めたはずがありません。

 さて、オリンパス「事件」の背景について書いておきましょう。

 1990年代初めにバブルが弾けた時、多くの上場会社や機関投資家(生保・信託・銀行)は大きな財テクの「傷」を負っていました。

 ちょうど外資系証券が日本に次々上陸していた頃であり、数多くの「損失先送り」の案件が持ち込まれました。その当時は「コンプライアンス」なんて言葉もなかったのです。
 
 よく見られたのが、日経平均のプットオプションを大量に売ってそのプレミアムを債券の利息として決算時に受け取ってしまうもの(利息を受け取ってしまった後は、膨大な日経平均の下落リスクだけを抱えており、実際その後の下落で多額の損失が出た)や、米国財務証券を買ってクーポンだけを切り離して売却して「利息」として全額を計上して、後は利息を生まない元本だけを保有し続けるもの(ついでに言えば、信託銀行が損失の出ているファンドトラスト勘定に「利息」だけを入れて利益を出し、その後なんの収益も生まない「元本」を全く別の勘定に押し込んでしまう)など、多数あったのですがこのへんにしておきます。

 ただこういう案件の性格上、あまり「各社に引き合う」訳にもいかず、いきおい特定の外資系証券会社とだけ「密かに相談し」、結果膨大な収益を「むしりとられて」いたのですが、「むしった外資系証券名とその手口」や「むしられた日本の顧客名」などは、一切表に出ることはありませんでした。

 たしかに1990年代の終わり頃になると、プリンストン債事件(昨年12月8日付け「あの事件はどうなった? プリンストン事件の闇」に書いてあります)や、クレディスイス事件などが発覚するのですが、これらは明らかに詐欺話であったものや、いつまでも同じような案件をやり続けたから表に出ただけで、明らかな「大儲け」は1990年代の前半に終わっていたのです。

 ところが1つだけ、つい最近まで「財テク失敗」の後始末を「密かに」続けていた上場会社があったようです。それがオリンパスです。

 大半の上場会社は、「損失先送り」をしても「損失」が消えるわけではなく、普通無理な「先送り」を続けるためますます内容が悪くなり、結局必ず損失が表に出てしまうものです。しかしオリンパスは今まで一度も「損失」が表に出ていなかったのですが、その間の金融環境から、「損失」が巨額に膨れ上がっていたことは想像できます。

 内視鏡事業が好調で、「損失先送り」を続けていく体力があったのですが、逆に2008年にリーマンショックで多くの上場会社が巨額損失を出すのにまぎれて、ほとんど実体のない事業会社3社を合計700億円で買収して即償却したのと、今回のジャイラス買収に際して支払った700億円の「巨額報酬」で一気に「最終処理」したつもりだったのでしょう。

 バブル期の1980年代から延々と、トップ主導で、財務担当役員やごく一部の財務担当者の間でひそかに「処理」され続けてきたのです。その間の社長は下山氏、岸本氏、菊川氏の3名だけで、多分次は森久志・副社長に引き継がれるはずだったと思われます。

 従ってこれらの「損失先送り」などの処理も、ごく少数の「長い付き合い」の外部の人間にだけ相談されていたのです。それが野村証券の事業法人部でオリンパスを担当し、その後独立した横尾宜政氏と、メリルリンチやドレクセル・バーナムなどでオリンパスに深く入り込んでいたN氏です。

 N氏については、まだ実名がどこにも出でていないのでイニシャルにしますが、今回ロイターに名前の出た佐川肇氏の「上司」です。

 オリンパス事件は、今後どのような進展を見せるのか全く不明ですが、この背景を理解しておかないと全体を見誤るので、あえて書くことにしました。


<お知らせ>
12月31日の闇株新聞プレミアム(有料メルマガ)の配信はお休みさせていただきます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
本日オリンパス事件の関与者がFBIに逮捕されましたと報道がありました。
第二幕となりますでしょうか?

またAIJ事件の野村OBは保釈金で保釈されましたがオリンパス事件の野村OBの裁判状況はどうなのでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム