闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」についてのお知らせ

2012年12月16日

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」についてのお知らせ

 12月17日(月曜日)夕方に、予定通り配信いたします。

 予定内容です。

メインテーマ 「最近の出来事から」

「FRBの金融緩和、予定される日銀の金融緩和から考える当面の金融市場」

 先週、FRBがさらに踏み込んだ金融緩和を発表しました。しかしその後の米国金融市場は、「少し安いNY株式」「ほぼ変わらない長期国債利回り」「ユーロに対してはドル安も、円に対してはドル高」とやや気迷い状態となっています。

 一方、今週の日銀の金融緩和が「ほぼ予約」されている日本の金融市場では「株高」「円安」が進行しています。

 そこで総選挙後の金融市場を予測します。単なる相場予測だけでなく、留意すべきポイントも書きます。


「久々の快挙! 証券取引等監視員会がS&Pジャパンに行政処分を勧告」

 証券取引等監視委員会が大手格付け機関の日本法人であるスタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社に対する検査結果に基づき、行政処分を勧告しました。

 それは久々の快挙なのですが、最近の米国当局による世界の大手銀行に対する巨額罰金(名目はいろいろですが)に比べて「比較にならないほど控えめ」なものです。

 特に外国の金融機関・金融関連機関に対する日本当局の「対応」について、あるべき姿を考えます。日本人に対してのみ「居丈高」ではいけないのです。


「イチロー選手がヤンキースと契約間近。今年のMLBのFA市場から来シーズンを予測する」

 マニアック過ぎて、すべての読者の皆様が興味を持つ話題ではないと思うのですが、間違いなく高収益産業であるMLB(Major League Baseball)を研究することも決して無意味ではないと思います。


 あと「今週の相場観」「お勧め映画(書籍)コーナー」「質問コーナー」も、いつもの通りです。

 闇株プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html

 お申込み頂ければ、次の月曜日からプレミアムメルマガを配信いたします。
 
 今月(12月)に配信したメルマガのメインテーマだけご紹介しておきます。


12月3日号
メインテーマ 1 

 ・ユニバーサルエンタテインメント(旧・アルゼ)が嵌り込んだ暗闇 その2

 ・民主党はどのように官僚組織と戦い、反撃され、操られていったのか?

 ・円安・株高の中で長期金利が低下する意味


12月10日号
メインテーマ 1 

 ・衆議院選挙の各党の主張を聞いて感じたこと

 ・ランド(東証一部上場)に証券取引等監視員会が強制捜査 その隠された意味とは?

 ・国債について、ちょっと注意しておくべきこと

メインテーマ2 国家としての日本の成立過程は謎だらけ  番外編
          

 今からお申込みいただければ、上記メルマガをバックナンバーですぐに読むことができます。
 
 無料購読期間がありますが今月は31日に翌月分の課金をされるのでご注意ください。
 
(無料購読期間は料金のお支払方法により違いますのでご注意ください。詳しくは「闇株新聞プレミアムメルマガ - 「パンドラの箱」のご案内」ページの課金システムをご覧ください。)

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「出来上がり次第」メール配信しております。


 「闇株新聞プレミアム」
http://yamikabu-premium.com/index2.html

 闇株プレミアム購読料金は月額2600円です。


 <お知らせ>

 12月31日の闇株新聞プレミアム(有料メルマガ)の配信はお休みさせていただきます。
 何卒、宜しくお願い申し上げます。
  

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株式ランキング1位」です。

  

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
●総選挙テーマ:公共事業と構造改革の功と罪●
-どうすれば経済成長が可能か?-

・・・ただ、これらの防災系の公共工事は、工事完了後は経済効果を齎さないので、建設国債を発行しての工費支出後、税収(法人税・消費税・地方税)として国庫に返ってくるのは最大でも50%程度になり、持続的な経済成長のエンジンには成り得ない。・・・

・・・例えば身近な例として、タクシー事業の規制緩和を行った結果、仙台駅等ではタクシーが溢れ運転手が食えない状況になった。
これに対しニューヨーク等では、タクシー1台毎の事業免許の総量を制限すると共に、市場での自由な売買が可能であり、競争と需給バランスの両立を図っている。・・・

http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/53850523.html
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム