闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

第2幕が開いたオリンパス事件(臨時版)

2012年12月22日

第2幕が開いたオリンパス事件(臨時版)

 本日は休刊日ですが、重要なことなので臨時版を出します。

 米国連邦捜査局(FBI)は12月20日、オリンパスが巨額損失を隠していた事件に関し、証券詐欺の共同謀議でシンガポール在住の台湾人・チャン・ミン・フォンをロサンゼルスで逮捕しました。

 日本では、オリンパスの事件発覚当時の経営陣と特に関与が大きかった外部協力者だけが逮捕・起訴されており、もう完全に終わった事件と考えられていたはずです。

 本誌では以前から繰り返し「米国当局の動きが間違いなくある」と警告し、特に最近は米国当局の海外金融機関に対する攻撃が活発化してきたことから「近い」と書いてきました。オバマ大統領の再選で関連省庁や関連機関の体制が整ったからです。

 12月13日付け「今頃になってLIBOR不正操作で逮捕者の意味」の最後の方にも書いてあります。

 要するに米国司法当局は、オリンパスの損失隠しの少なくとも半分は米国法人のアクシーズ・アメリカが直接関与していることと、オリンパスは米国市場でADRを発行しているため、オリンパス本社だけでなく関与者すべてを証券詐欺の共同謀議で処罰できるのです。

 そのために日本で逮捕状の出ていたアクシーズ・アメリカ代表の佐川肇(米国の居住権あり)を日本に引き渡さず、司法取引で「山ほど」の有利な証拠を固めているはずです。

 取り敢えず台湾人のチャン・ミン・フォンを逮捕したのですが、証券詐欺は最長20年の禁錮刑となります。

 しかし、あくまでも米国当局の目的はオリンパス本社を攻めて巨額の罰金(あるいは和解金)を取ることです。最大で数億ドルに上る可能性があります。

 そのために佐川肇だけでなく、今回逮捕したチャン・ミン・フォンとも司法取引をして有利な証言を引き出すかも知れません。また日本の公判ではオリンパス本社も発覚時の経営陣も「有罪」を認めているため、これも米国当局にとって「大変に有利な証拠」となります。

 チャン・ミン・フォンは、オリンパスと逮捕された外部協力者の間で実際に資金決済の実務を請け負っていたグループの1人で、その過程で1000万ドル単位の不正報酬を得ていたにもかかわらず、日本当局ではおとがめなしでした。

フォンは外国籍でも、そのグループには和光証券やコメルツ銀行にいたMや、山一證券にいたKなどの「純粋の日本人」がおり、またオリンパスだけでなくジェイ・ブリッジなど数々の経済事件に関与していたにも関わらず、見逃しているのです。

 米国捜査当局は、これらの日本人も米国法人(アクシーズ・アメリカ)との共同謀議で捜査出来るのですが、実際には日本当局に協力を求めて日本当局が逮捕する必要があります。
LIBOR不正操作で、米国当局の意向を受けた英国当局が英国人を逮捕した手順と同じです。

 ただ米国司法当局の最終目的はオリンパス本社から巨額の罰金(和解金)を取ることで、すでに司法取引をしている佐川肇や今回逮捕したチャン・ミン・フォンから有利な証言が取れると思うため、わざわざ日本人を新たに(日本当局に)逮捕させる必要も無いような気がします。

 つまり米国司法当局が、日本当局に代わって「ぼろ儲けして見逃されている日本人」を成敗してくれる可能性も低いと思います。ただ全く予断を許しません。

 尚、本件に関しては有料メルマガ「「闇株新聞 プレミアム」でも何回か取り上げており、週末に新たな情報があれば、12月24日配信予定の「闇株新聞 プレミアム」で取り上げるかもしれません。

 宜しかったらお申し込みください。

 予定内容については、明日(12月23日)付けの「闇株新聞」で発表します。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
ホントにおっかない、そしておいしそうな「罰金ビジネス」。
日本政府も考えても良いんじゃなかろか。
お客さんは、たくさんいるし・・・

TPP・・・万歳ッテカ
チャン・ミン・フォン氏は、株式会社多摩川電子の取締役<2007.10.1>。

現在の6838<多摩川HD> 代表取締役は、桝澤 徹氏。


第三者割当による新株式の発行(金銭出資及びデット・エクイティ・スワップ)及び新株予約権の発行に関するお知らせ 2012.12.6日

1.新株発行
払込日     2013.1.30
発行株数    2,136,000株
発行価額    1株130円<総額2億7768万円>
内 1億4612万円は、債務の株式化<DES>であり、払い込み金はなし。

割り当て人   Marilyn Tangを含む12人<個人>


2.新株予約権発行
割り当て日   2013.1.30日
予約権個数   4,843個<1個1,000株>
払い込み金額  1個・9000円<総額4358万7000円>
潜在株数    4,843,000株
割り当て人   Marilyn Tangを含む9人<個人>
行使価額    150円<100%行使で、7億2645万円>
行使期間    2013.1.30~2015.1.29  

<資金使途>
太陽光発電事業の投資資金・・・・投資資金に対するその事業からの収益見通しは、??? 


1.第三者割当新株発行総額2億7768万円の内、割り当て人12人から1億4612万円を多摩川HDが借入をし、その債務の株式化<DES>して債権者へ割り当て。債務の株式化をした意味が??? 2013.1.30日に全額の現金出資でもいいんじゃないかと思うんですけど。12人の借入時期に、太陽光投資事業資金としての必要性はないんじゃないかと・・・

2.第三者割当新株予約権発行
行使価額150円で予約権100%行使された金額は、7億2645万円・・・太陽光発電事業への投資資金なら、予約権発行とせずに新株発行とすればいいんでしょうけど、割り当て人は、損失をだしたくはありませんから、予約割当ならとしたのかと。株価動向と行使価額150円で行使してキャピタル・ゲインを得られかかと!この太陽光発電事業が有望で業績だサプライズとなる案件なら、投資家は、新株予約権じゃなく、新株発行の引き受けをしてもいいことですから、懐疑的に見ているんでしょうかね。

1及び2の発行で、2の予約権100%行使で発行される株式数は、6,979,000株で、発行済株式数は、6,774,000株ですから希釈化率103%となりますから、希釈率化25%以上の場合となる第三者割当で、2013.1.25日臨時株主総会で承認が必要となります。


上記割り当て人の内、大量保有報告書提出義務者となるのは、7.04%となるMarilyn Tangだけで、次に保有割合が多い島貫氏は、3.34%で提出不要。但し、予約行使及び保有株券状況により、保有割合が5%超となる割当人も出てくる可能性はあります。



2012.3月期決算
売上     31.0億円<17.7%>
営業利益  △2900万円<->
経常利益  △2300万円<->
純利益   △3700万円<ー>

2013.3月期2Q
売上    15.9憶円<44.4%>
営業利益  9300万円<->
経常利益  8300万円<->
純利益   9100万円<->

2013.3月期通期業績予想
売上    35.0憶円
営業利益   1.8憶円
経常利益   1.7憶円
純利益    1.7憶円

資本金    11.0憶円
資本剰余金  10.9憶円
利益剰余金 △12.3憶円
純資産合計   8.9億円

現金及び預金  4.3憶円
営業キャッシュ・フロー   2.3憶円


※桝澤 徹氏は、2012.6月に多摩川HD代表取締役就任 ジェイブリッジ<現・アジア・アライアンスHD/9318>の代表取締役時等に行ってきた「食いちぎり案件」スキームはお得意ですからね・・・

今後、太陽光発電事業から どんなスキームが、また、飛び出すのやら・・・
何故日本の捜査当局は桝を逮捕しないのですか?
もし数億ドルの罰金が課せられたら、オリンパスはどうなるのでしょうか。ソニーもこれ以上払えなさそうだし。
ファクタ誌の再追及もなんのその?
チャンは保釈される模様ですね
6838<多摩川HD> 桝澤 徹氏 は、熱気球へバーナーを噴射して地上から放れれば鳥瞰図として見渡せますけど、どこへ飛んでいくのやら?


第三者割当による新株式の発行(金銭出資及びデット・エクイティ・スワップ)及び新株予約権の発行に関するお知らせ 2012.12.6日

1.新株発行
払込日     2013.1.30
発行株数    2,136,000株
発行価額    1株130円<総額2億7768万円>
内 1億4612万円は、債務の株式化<DES>であり、払い込み金はなし。

割り当て人   Marilyn Tangを含む12人<個人>


2.新株予約権発行
割り当て日   2013.1.30日
予約権個数   4,843個<1個1,000株>
払い込み金額  1個・9000円<総額4358万7000円>
潜在株数    4,843,000株
割り当て人   Marilyn Tangを含む9人<個人>
行使価額    150円<100%行使で、7億2645万円>
行使期間    2013.1.30~2015.1.29  

<資金使途>
太陽光発電事業の投資資金・・・・投資資金に対するその事業からの収益見通しは、??? 


1.第三者割当新株発行総額2億7768万円の内、割り当て人12人から1億4612万円を多摩川HDが借入をし、その債務の株式化<DES>して債権者へ割り当て。債務の株式化をした意味が??? 2013.1.30日に全額の現金出資でもいいんじゃないかと思うんですけど。12人の借入時期に、太陽光投資事業資金としての必要性はないんじゃないかと・・・

2.第三者割当新株予約権発行
行使価額150円で予約権100%行使された金額は、7億2645万円・・・太陽光発電事業への投資資金なら、予約権発行とせずに新株発行とすればいいんでしょうけど、割り当て人は、損失をだしたくはありませんから、予約割当ならとしたのかと。株価動向と行使価額150円で行使してキャピタル・ゲインを得られかかと!この太陽光発電事業が有望で業績だサプライズとなる案件なら、投資家は、新株予約権じゃなく、新株発行の引き受けをしてもいいことですから、懐疑的に見ているんでしょうかね。

1及び2の発行で、2の予約権100%行使で発行される株式数は、6,979,000株で、発行済株式数は、6,774,000株ですから希釈化率103%となりますから、希釈率化25%以上の場合となる第三者割当で、2013.1.25日臨時株主総会で承認が必要となります。


上記割り当て人の内、大量保有報告書提出義務者となるのは、7.04%となるMarilyn Tangだけで、次に保有割合が多い島貫氏は、3.34%で提出不要。但し、予約行使及び保有株券状況により、保有割合が5%超となる割当人も出てくる可能性はあります。



2012.3月期決算
売上     31.0億円<17.7%>
営業利益  △2900万円<->
経常利益  △2300万円<->
純利益   △3700万円<ー>

2013.3月期2Q
売上    15.9憶円<44.4%>
営業利益  9300万円<->
経常利益  8300万円<->
純利益   9100万円<->

2013.3月期通期業績予想
売上    35.0憶円
営業利益   1.8憶円
経常利益   1.7憶円
純利益    1.7憶円

資本金    11.0憶円
資本剰余金  10.9憶円
利益剰余金 △12.3憶円
純資産合計   8.9億円

現金及び預金  4.3憶円
営業キャッシュ・フロー   2.3憶円


※桝澤 徹氏は、2012.6月に多摩川HD代表取締役就任 ジェイブリッジ<現・アジア・アライアンスHD/9318>の代表取締役時等に行ってきた「食いちぎり案件」スキームはお得意ですからね・・・

今後、太陽光発電事業から どんなスキームが、また、飛び出すのやら・・・


コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム