闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

「2012年に起こりそうな10大ニュース」の反省と自己採点

2012年12月28日

「2012年に起こりそうな10大ニュース」の反省と自己採点

 年末ですので、1月11日付け「2012年に起こりそうな10大ニュース」の反省と自己採点をします。自己採点ですのでかなり甘くなります。

 選んだのは次の10個で、その下に現時点のコメントを付け加えてあります。

1) 野村証券が銀行傘下に
 
 銀行傘下は実現しませんでしたが、野村証券は「増資インサイダー」で徹底的に当局に追及され、渡部・柴田両首脳が辞任しました。野村証券が当局のターゲットになったところまでは「当たった」のですが、当局の最終目的が両首脳の首だけと意外に小さく、本格的な金融再編まで視野に入れていなかったところは「読み違い」でした。

 本誌が野村証券について執拗に取り上げたのは、渡部・柴田体制では生き残れないと思っていたからで、一応責任を取って辞任したのでその後は一切の批判を止めています。

2) 米国大統領選はオバマ再選 ただし米国行政能力の低下は続く

 オバマは再選され、それまで確かに米国行政能力は低下していました。しかし年末にかけては、特に海外金融機関に対する攻撃が「猛烈」になり、存在感を取り戻しています。肝心の米国内の行政能力の回復は、これからが正念場のようです。

3) 英国のEU離脱があればユーロ崩壊が進む 逆に財政問題だけでユーロは崩壊しない

 これはまだまだ継続のテーマですが、少なくとも後段は「当たり」だと思います。前段の英国離脱もまだ可能性があると思います。あくまでも将来的にですが、英国はユーロ圏から米国(ドル)圏に入る可能性があります。ただしその場合もユーロ崩壊の原因にはなりません。

4) 何も変わらない「捜査当局」 焼け太る「官僚」

 残念ながら「大当たり」のようです。

5) 資金流入が止まる中国、元の国際化による資金流入を目指す
 
 これも継続のテーマですが、基本は「当たって」いると思います。

6) 3月までは無策の円高、その後の無策だが海外環境が変わる可能性あり

 これは残念ながら「かなりの外れ」でした。実際は2月の追加金融緩和で株高・円安が進み、その後は急速に株安・円高に戻り、11月以降の安倍総裁への期待で、年末には株は本年最高値、円は本年最安値で終わりそうです。

 言い訳でも自慢でもないのですが、10月19日付け「日銀が検討している追加金融緩和の意外な効果」で、解散は想定していなかったものの銀行の融資姿勢の若干の改善により、年末は3月の株高(10200円台)・円安(ドルが84円、ユーロが111円)に近いところまで行くかもしれないと予想してあります。

 これに自民党政権復活が加わって目標突破となったので、民主党政権が続いていたら達成不能だったことになります。

7) 消費税で大混乱の政局 3月までに野田政権崩壊 ただし解散は無い

 実際は、消費税は野党(自公)まで大賛成して通過し、野田政権が安泰に見えるも、「近いうち」と言ったじゃないかと追及されて解散し、自民党政権に戻るというとても予測不能な結末になりました。
 言い訳になりませんが「政治は面妖なり」です。しかし昔の「複雑怪奇(平沼騏一郎)」に比べると、はるかに低レベルになってしまったようです。

8) 安全志向続く世界の投資資金

 基本的には「当たって」いるようです。時期は外れたのですが、日本の10年国債の利回りが0.7%程度まで下がるかもしれないと予想していました。

9) 緊張激化の米国・中国間 中東でも新たな火種

 抽象的すぎる表現でした。基本的には継続のテーマです。

10) 藻が作るバイオ燃料が脚光を浴びる

 最後に数合わせで入れたのですが、話題にもなりませんでした。代わりに脚光を浴びたのが米国シェールガス・シェールオイルでした。

 やはり採点はやめておきます。もっと良く考えて来春早々に「2013年版」を書くことにします。

 本年1年、お読み頂いて大変ありがとうございました。またたくさんの「応援クリック」ありがとうございました。来年も続けますので宜しくお願い申し上げます。

 本年はこれが最後の記事になると思いますが、もちろん「大事件」が起こったらすぐに臨時版を出します。新春は1月4日(金曜日)からの予定です。

 有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」も12月31日はお休みさせて頂き、1月7日(月曜日)からスタートします。

 最後に、出版予定の「本」ですが、原稿が予定より大幅に遅れていてダイヤモンド社の方々にご迷惑をおかけしています。年末年始で書き上げる予定です。とにかく充実した中身にしようと努力していますので、こちらの方も宜しくお願い申し上げます。

 良いお年をお迎えください。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株式ランキング1位」です。

 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
関連記事
コメント
闇株様、
2013年、安定した政権運営となるかどうか
私は、心配するとともに、今回は、十分な防衛体制を政権が固めていることを
切に願うものです。

前回の安部政権は、為そうとしていたことを不都合と断じた複合勢力から、ありと
あらゆる手で全包囲からの攻撃にさらされました。
政権が志す「本丸」を安易に吐露することは、してはならぬ。
これを言うには、十分な備えができていることが前提となります。
さもなければ政権は、内通者、内通組織の攻撃の手にさらされ当然に短命に追込ま
れる運命であったのでしょう。
事実赤子の手をひねるように政権の防衛体制は無力に等いように見えました。
前ポチ政権下では引き起こされなかった閣僚の事件と結末に象徴される、
自殺、もうろう会見(薬物を仕込まれた疑い濃厚)、更には冗談と思えるような
大げさな絆創膏に無精髭姿での会見場に現われる者(何者かに強要された疑い)など、
閣僚の脆弱な部分をついた執拗なイメージダウン攻撃が仕掛られ政権の品格は大きく
傷つけられ抵抗のすべなく、意気消沈、気力も尽きた首相の姿がありました。
中枢に接する部位が内通し手先とならねばここまで無防備に露出するはずはなく、
閣僚の様子に異変を察知すれば当然に正常な周囲の気配りで出場を思い止まらせる
など配慮により事件化を防止していたはず。

政権への度重なるイメージダウン攻撃は国民の心にも痛々しく映っていたはず
ですが、メディアは、これらの事件の真相についぞ迫ることはなく、誹謗的な
コメンテーターの言と「お友達内閣」による弊害というような表面的レッテル
で印象付けました。
今回も、
既にメディアは、包囲網が発する「右傾化への警鐘」を合唱し攻撃体勢をみせており
あわせて「アベノミックス」を(過去の間違った政策の再現などと)と揶揄し、腕を縛
るような政策批判のコメンテーターを出演させています。
不都合な流れを逆差別的な空気をつくりだして封殺しようと、元来がお人よしと善意
の国民性を味方につけ内部対立を構成させ主要な政策を選んだ国民に自ら否定させる
よう誘導する手法で黒は白に、白は黒とされる可能性があり心配です。

政権は発言をソフトに、彼等に逆差別の論拠を提供せず、守りを堅固に慎重に前進する
ことを願っています。
盛り上がってるのはメディア側だけ。
FTはイギリスはドイツを見習えみたいな無責任なことを書いてますね。
通貨としてのユーロも採用してしまえと言う事でしょうかね?
通貨ユーロに入ったとして、南欧をイギリスは踏み台にできるのか、ドイツなどに踏み台にされるのか・・・。(イギリスの供給能力から言って後者では?)

この一年は欧米の経済誌の劣化が著しい年でもあったのでは?
今年も大変貴重な記事を提供していただきまして、ありがとうございました。
大変、勉強になりました。
コメント欄に投稿している方々もありがとうございました。

来年も期待しております。

良いお年をお迎えください。
10) 藻が作るバイオ燃料が脚光を浴びる

最後にユーグレナ(ipo)が盛り上がったので
滑り込みセーフで当たっていたと思いますよ^^

今年1年ありがとう御座いました。
来年も楽しみにしています。
どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。
藻 については、ミドリムシが日本だけでなぜか盛り上がっていたから、半分あたりでしょう。

米国と中華の対立激化は当たっていると思いますよ。今年もこれで決まりです。

NY PM
http://nypmdiary.blogspot.com/
闇株様
いつも楽しく拝見しております。
記事を見て、玄人でも相場の流れを予想するのは容易ではないということを実感させられました。
私はまだ勉強不足なので個別株デビューは控えて内外の指数連動ETFで地味な投資を実践していこうと思います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム