闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

クロニクルのIRと「ある事件」

2013年01月28日

クロニクルのIRと「ある事件」

 本日はコメントを頂いていたソフトバンクのイー・アクセス株売却について書く予定だったのですが、「気になる」ことが出てきましたので変更しました。

 先週末(1月25日)にクロニクル(JASDAQ上場、コード9822)が、「第三者調査委員会設置のお知らせ」とのIRを出しました。

 内容は極めて簡単に書かれているのですが、要するに過去の決算について、一部の会計処理を巡って、過去に提出した有価証券報告書等の訂正を要する可能性が判明し、客観的かつ専門的見地からの提言が必要と判断したため、利害関係を有さない第三者委員会の設置を決議したというものです。

 IRには書かれていないのですが、少なくとも数年以上前からの資産の評価に関するもののはずです。有価証券報告書等の訂正は別に珍しいことではないのですが、それが「悪質」なものであったり、途中で2期連続債務超過であったりすると上場廃止となります。

 さらにこの第三者調査委員会の報告が出て、過去に提出した有価証券報告書等の訂正をしてからでないと、2012年12月末の決算短信が出せないため、認められている1カ月の遅延を入れても3月中旬までにすべてを完了させる必要があります。そこで決算短信を出せないと上場廃止になります。

 まだ第三者調査委員会の顔ぶれが決まっておらず、ここ数年で監査法人が2回も交代しているため、実際問題としてはかなり厳しいスケジュールとなります。

 本紙は、以前にこの段階でオリンパスの上場維持を予想したのですが、本件はかなり厳しいと言わざるを得ません。何よりもJASDAQとしても「蓋をしたい」銘柄のはずだからです。

 全く話が変わるのですが、数日前からニュースで「スイス在住の金融関係者の夫婦の行方が分からなくなり、事件に巻き込まれた可能性がある」と報道されています。

 名前が報道されていないのでS氏としますが、スイスでファンド管理などをしている人物です。

 そしてそのファンドとは、2011年12月に発行されたクロニクルの新株予約権の一部を引き受け、さらに昨年その未行使分の大半を譲渡されていたファンドであり、それ以前も2007年頃にクロニクルの新株を引き受けています。

 ここまでだったら「全くの偶然で、何の関係も無い」となるのですが、1990年代からのクロニクルの歴史のなかには、そうとも思えない複雑な事情が隠れているのです。

 本紙はいつも「あらゆる事件も、報道が出るまで書かない」ことにしています。単なる暴露誌になってしまうからです。

 本件は、そういう意味ではIRと「事件の報道」が出ているのですが、かといって「どこまでが明らかにされるのか」が分からず、「どこまでを書いて良いのか」が分からないのです。

 多分、「クロニクルの粉飾決算」と「全く無関係の失踪事件」で終わってしまうような気がします。

 しかしこの2つの関連だけではなく、クロニクルの過去の事件(1998年)や、最近の事件(2011年)などを、出来るだけ客観的に書くことにします。結論的なことは何もありません。
 
 本日(1月28日)の夕方に配信する有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のメインテーマ 2 に書きます。

 ご興味のある方は、今からお申し込み下さい。 

 闇株新聞プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html

 課金は2月分からですが、1月31日に引き落とされます。また1月分の全ての記事もお送りいたします。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株式ランキング1位」です。

  

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
ヤフー 9822<クロニクル>掲示板へ、私が書き込みした分からですが、過去の有価証券問題ですと、クロニクルは減資益で配当を実施しましたから、違法配当だった可能性があるのかと思います。

配当金は・・・減資益効果・・・2011/ 2/23 13:20 [ No.77305 / 80886 ]


配当金は、業績を上げて利益剰余金からの配当じゃなく、減資による減資益からその他の資本剰余金とし、繰越損金の処理をし、その他資本剰余金があるので、配当予定資金としたでけ・・・会社が事業から稼いだ利益剰余金からの配当じゃなし!

そして、それは、過去に 増資で得たエクイティファイナンスで資金調達をし、資本金と資本剰余金を増加させただけの資本政策からだけ!・・・貸借対照表の資産の部が膨らむ・・・こうしておけば減資の時に役立つ!

17.11~18.9月に2億3000万株の新株発行で、資本金37.6億円、資本準備金36.7億円増加したお陰・・・この資金を集めても業績で利益もあげられず、役員は、仕事もしないで報酬を得られる「パラサイト役員・・仕事もせず報酬を貰えれば、こんな楽な仕事はなし>

<有価証券報告書>
http://www.kabupro.jp/edp/20101224/S0007GY8.pdf

18年9月~22年9月の5期で、経常益及び純利益を出したのは、18年9月だけで、他の4期は、赤!それで、配当・・笑えるね!事業業績からの配当じゃなく、減資益効果の配当をしてどうするの・・・



また、JQ銘柄は平成23年3月から10円ルール上場廃止規定が登場し、株価低迷会社は株式併合、売買単位変更を実施し、抵触しない対策をしましたが、クロニクルもその中の1社でした。

その10円ルールでマネーゲーム化した銘柄の私のヤフー掲示板<8836・RISE>書き込みみ・・・


Re: JQ銘柄 10円ルール 2011/ 3/10 15:32 [ No.86390 / 99836

自分で稼ぐネタは、自分で見つけられますからね!

併合で、いい例が、マネーゲーム化となるかとして書き込みをした9822<クロニクル>、3587<アイビー>、3647<コネクト>。特に、コネクトは、証券コード番号も3736から変更<コネクトHDで>。38円でMSCBの転換をしてくることはミエミエでしから、読み勝ちでした。HD社へなるのは株式移転3月1日で、最終商い日2月23日終値4300円でしたから、1000→100株単位で、3月1日基準値段は43円<値幅制限13~73円>。高値3.3日139円まであり。

自分で網を張っていて先回りをし、吹いたら売り逃げして深追いはしないことかと!利確千人力ですから!急騰してからでは、高値掴みになりますからね!

株式の仕組みを認識していなくても売買できますが、仕組みを知っていれば、その仕組みを利用して儲けようと考える人もいますからね!・・このような銘柄は、証券ディーラーの参戦はなし。あるのは、その仕組みを狙う方等ですね!

クロニクルも株式併合、売買単位変更により・・・Re: 2.22日PTS/2月23日立会・・ 2011/ 2/22 15:17 [ No.77261 / 80886


2月22日<火>終値2円

2月22日<火>  PTS 値幅制限 1円~50円。売買単位100株。

2月23日<水> 基準値段 20円・・・当日の値幅制限 1円~50円。売買単位100株


と10円ルール抵触の回避をしました。

23.2.22日終値2円<基準値段は20円>→12.16日高値50円で、上昇率150%となりました。






>>そこで決算短信を出せないと上場廃止になります。<<

有価証券報告書又は四半期報告書の提出遅延、虚偽記載からではなく、決算短信を期限までに提出できない上場廃止は、上場契約違反に該当する上場廃止ですか・・・




有価証券報告書・・・

投資家には、有価証券報告書は提出会社の事業、沿革、業績、財務内容等を知りえる「羅針盤」の一つですけど、オリンパス、塩見HD<有価証券報告書虚偽記載起因とする上場廃止>、3587<プリンシバル・旧アイビーダイワ>の有価証券虚偽記載は、金融庁の課徴金命令。

オリンパス例からですが、有価証券報告書監査報告書は、会社から提出された財務諸表に基づいて
監査法人が監査結果の意見表明をするもんもですから、監査法人<虚偽記載時のあずさ監査法人>がオリンパスに対して突っ込んで必要書類を徴求をしていればと思いましたけど。

オリンパスは、あずさから新日本へ監査法人を変更しました。

プリンシバルの有価証券報告書を見ていて、子会社<ハミング・ステージ>に対して親会社<プリンシバル>が、ハミング発行増資を引き受け、ハミングは繰越損処理を減資<プリンシバルの増資金>をしましたけど、この減資は、会社法で株主総会決議不要で、ハミング取締役会決議でできる減資<ハミングは、プリンシバルの100%子会社>。

有価証券報告書で、そのことは分かりますけど、違法じゃなし。しかし、ハミングステージをプリンシバルが子会社化する前の親会社グロース・コーポの状況からして、私は、プリンシバル資産をハミングへ資産移動をさせたのかと推測しました<プリンシバルは、グロースのケツ拭きをさせられた>。

私は、監査報告書、レビュー報告書記載に関して監査法人に記載を厳しくする基準にしないと、投資家には、壊れた役にも立たない「羅針盤」となるかと思います。壊れた羅針盤を信じた投資家は救われませんからね!

で、羅針盤となる有価証券報告書等には、不動産登記と同じ「公信力」がないことになるかと思います。
この事件は、単にこの夫妻の存在を亡き者にすることだけを目的とした事件でしょう。

失踪後の、クレジットカードでの300万円分の新幹線チケット購入未遂や高級腕時計の質入等は、チンピラ使ったカモフラージュのための偽装行動でしょうね。

情報撹乱行動、すなわち真の目的を悟られないための情報操作を行ったということでしょう。

相当組織的かつ計画的になされていることから、何らかの情報隠滅を遂行するための反社会勢力が大きく関わっているのではないかと推定されますね・・・
出ましたね、実名が。
どこまで真相が解明されるのか?!
廃止
クロニクルがやっと上場廃止決定。
次に続くのはワールドロジ。インデックスも微妙。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム