闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日銀新総裁は「クロトン」

2013年02月26日

日銀新総裁は「クロトン」

 黒田東彦(はるひこ)氏は財務省では「クロトン」と呼ばれていたそうです。

財務省では愛称で呼ばれるのは、大物の証拠です。「元祖・10年に1人の大物次官」である斉藤次郎氏は「デンスケ」でした。

 本日(2月25日)の日経平均は276円高の11662円となり、円も21時現在、対ドルで93.73円,対ユーロで124.42円と、円安になっています。市場は「クロトン」を歓迎しているようです。

 ところで黒田氏は(やっぱりクロトンと呼ぶわけにはいかないので)、財務官僚には珍しいインフレターゲットや積極緩和の推進者なのですが、もう1つ「アジア共通通貨」構想を提唱していました。

 2006年5月のアジア開発銀行(ADB)総会で、黒田総裁(2005年2月就任)が提唱しました。今考えるとADBの考えというより黒田総裁の考えだったようです。その後の民主政権で鳩山首相(当時)が提唱した「東アジア共同体」構想にも関連するようです。

 黒田氏が日銀総裁になったからといって、すぐに盛り上がる話ではなさそうですが、少し考えておきます。

 要するにユーロのアジア版です。共通通貨はACU(アキュ)と呼ぶそうです。

 参加国を特定しても意味がないのですが、日本、中国、韓国、台湾、フィリピン、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムなどの通貨を統合するものです。

 反日感情がある中国や韓国が、日本と通貨統合をするはずがないとの「常識論」は横に置き、日本のメリットとデメリットを考えてみましょう。

 域内のアジア諸国との貿易は、為替リスクが無くなるのですが、現在の域内の貿易は大半がドル建てで、一部が円建てのはずです。つまりメリットは、ほとんどありません。

 仮に通貨統合した場合、その域内の(日本を除く)インフレ率は、多分米国やユーロ圏より高いため、通貨ACUはドルやユーロに対して趨勢的に弱くなるはずです。つまり円はACUになった後は趨勢的に弱くなります。これはメリットと言えなくはありません。

 通貨が統合されると、日本から域内への直接投資は為替リスクが無くなります。人件費などのコストはすぐに収斂するわけではなく、また域内の金利も「かなり」下がるため、域内への生産移転などがますます進み、国内がますます空洞化します。

 これはメリットとは言えません。

 構造的な問題点は、もちろん域内の各国の金融政策が統合され、政策金利も統合されます。従って日本だけが「積極的な金融緩和」をすることは出来なくなります。長期金利は需給関係で決まるのですが、政策金利は今のゼロ金利というわけにはいきません。ゼロ金利にしてしまうと、日本以外の域内の景気が過熱するからです。

 これは日本にとって「とんでもない」デメリットです。

 しかし通貨を統合すると、ドル・ユーロとともにACUも「ある程度」は国際通貨(基軸通貨)になり、世界中で保有が進みます。その結果ACUの運用手段として、域内の国債が世界で保有されるようになります。
 
 域内の国債と言っても、要するに日本国債しかないため、利回りが低くても世界で「ある程度」保有が進むはずです。これが唯一のメリットでしょう。

 しかし全体として、メリットがありません。

 もし2006年当時だとしても、当時の黒田ADB総裁が何を考えて「アジア共通通貨構想」を提唱したのかが、よく分かりません。

 せっかくですが、これ以上考えることはやめにして、忘れることにします。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
ヨーロッパのように戦争があったわけでもないですし、EUの状況をみても悲惨な感じですし、理念的にも経済的にも意味ないでしょう。
 ACUがアジア圏の平均で決まるのであれば、今のドイツのように、円単独であるよりも相対的には通貨安になって輸出産業のメリットは大きいのではないでしょうか。
 ただ、最近では工場のアジア進出が進んでおり、仕入れのほとんどがドル建てということになれば、売上よりも仕入れの方が外貨の比重が大きくなり、通貨安がマイナスに働くということも考えられますが・・・。
 仕入自体もACUになれば、アジア圏外への輸出の分だけ通貨安はプラス???
毎日新聞いわく「通貨のホニャララ」と
WSJいわく「ホニャララスタイル」の
お二人に頑張って欲しいものです
日本政府の通貨発行権という国家主権の1つが無くなるのが最大のデメリットだと思いますが、これを挙げていないのはどうしてですか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム