闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

サーベラスが西武HDにTOB

2013年03月14日

サーベラスが西武HDにTOB

3月11日に、西武HDの筆頭株主であるサーベラスがTOBを実施して持ち株比率を32.4%から、株主総会で特別決議を拒否できる36.4%程度まで引き上げると発表しました。

 再上場が遅れ気味の西武HDですが、早期の再上場と売り出し価格の引き上げのためにリストラを提案するサーベラスと、みずほ銀行と日本政策銀行を母体とする経営陣が対立しています。ここでサーベラスが拒否権を取得すると、今後の展開に大きな影響を及ぼします。

 これだけならよくある外資系大株主と現経営陣の対立なのですが、実はもっと奥が深い話なのです。

 東証1部に上場していた西武鉄道は、有価証券報告書の虚偽記載で2004年12月に上場廃止になりました。グループのコクドやプリンスホテル(ともに未上場)ら上位10位までの持ち株比率が、上場廃止基準に抵触する80%を大きく超えていたにもかかわらず、1億株以上の西武鉄道株を1200人以上の従業員らの名義を借りて分散して、上場を維持させていたからです。

 堤義明会長(当時)も証券取引法違反で2005年3月に逮捕され、表舞台から消えました。

 この時点でも西武鉄道をはじめとするグループは、コクドを頂点とした堤一族の経営支配は盤石であり、グループの経営状態は「何の問題」もないはずでした。

 ところがその混乱期に送り込まれた、みずほコーポレート銀行の後藤高志副頭取が最初に行ったのが、複雑なスキームでグループの事業とコクドを統合させて西武HDを誕生させたことと(現在も後藤氏がCEOです)、グループの実質親会社であるコクドに対する「救済のための資本増強」でした。

 もっと分かりやすく言いますと、経営的には「何の問題もない」クループの実質親会社で「もっと何の問題もない」コクドに対して、「救済のために資本増強」を行ったのです。

 これはコクドにおける堤一族の持ち株比率を、堤義明氏の逮捕という混乱に乗じて薄めてしまい影響力を排除し、同時に「何の問題もない」グループ全体を堤一族から「奪い取る」ために外なりません・

 主語(誰が?)がありませんが、もう少ししたら出てきます。

 2006年1月に、その資本増強(つまり増資)に応じたのが、サーベラス(約1000億円)と日興プリンシパル・インベストメンツ(約600億円)でした。

 日興プリンシパルは、株を売却したようですが、サーベラスは今も保有し続けています

 西武HDの直近の株主名簿によりますと、筆頭株主はサーベラス(名義が分かれていますが)の32.42%、NWコーポレーション(旧コクド)が14.96%、日本政策投資銀行4.40%、農林中央金庫3.98%などと続き、みずほコーポレート銀行は2.08%だけです。

 先ほどの主語(誰が?)ですが、当然みずほグループの意を受けた後藤CEOとなるのですが、みずほグループの持ち株は2.08%だけです。

 つまりみずほグループは、サーベラスなど完全に他人の資本を使って、「何の問題もない」西武HDを見事に「奪い取った」のです。

 まだまだあります。

 2005年当時、みずほグループは西武グループに3200億円ほどの貸出残高があったはずですが、2012年3月末の有価証券報告書では1299億円に「激減」しています。

 つまりこの間に2000億円近く回収していたのです。

 本誌は、外資系金融機関やファンドが日本で暗躍することを、決して好ましいとは思っていないのですが、この西武HDのTOBとそれに続く主導権争いでは、サーベラスを応援することに決めています。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
目先の金に目がくらんだみずほはかつての大和銀のように世の中から信用をなくして衰退していくんですかね。銀行の役割・本分とは何か?をもう一度興銀が産業界で活躍した時代に戻って考えてほしいものです。
闇株編集部殿

このご説明だけでは 誰が悪い=つまり 悪どく儲けたのかが 全く分かりません。みずほは単に貸金の回収が出来た=つまり本来 自行の金だったものを取り返しただけではないですか? それとも みずほ並びに後藤現CEOは 少数株主且つ融資をどんどん回収しているくせに 大株主のサーベラス様の意に沿わずに西武を私物化(みずほの)しているのがけしからん という事ですか?
窮々不適さんへ

 重要なポイントなのでお答えします。

 西武鉄道の上場廃止は、確かにみずほの責任でも後藤CEOの責任でもありません。しかし西武鉄道には(発表されていたよりはるかに少なかったのですが)少数株主が残っており、何よりサーベラスと日興プリンシバルから1600億円もの資本を受け入れています。

つまり西武を支配したみずほも後藤CEOも、株主のために企業価値を最大化する(まずは再上場)を最重要課題にしなければならなかったのです。たとえば増資で払い込まれた1600億円を、すぐに貸金回収に充てたわけでは無いのですが、結果的には全額以上回収しています。本来は株主のために企業価値を向上させる投資などに使うべきだったはずです。

 会社を自由に支配したいのであれば、MBOなどで全ての株主に資金を返還しなければなりません。新規の株主を募っておきながら、MBOでも行ったかのような振る舞いは、明らかに株式市場を軽視している行為です。

 サーベラスは、株主として認められている範囲内で反撃を始めたもので、はるかに「まとも」な行為です。
今TOBに応じるか今後のサーベラスに期待するか、どっちがよろしいでしょうか?
元金融庁の五味さんが、サーベラス側についているのは、何の為なんでしょうか?
公益セクターにもカかかわらず、株主利益を追求し、西武鉄道線で現行不採算路線となっている多摩川線・秩父線・山口線の廃止を要求するサーベラス

負債の増減は、西武HDからすれば、支払い利息を少なくし、財務体質を強化したという、まっとうな行為にも見えますが・・・
みずほも借入金を他に付け替えたわけでもないですし・・・・



コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム