闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日銀の大胆な金融緩和は既成事実 いま重要なことは?

2013年04月03日

日銀の大胆な金融緩和は既成事実 いま重要なことは?

 昨日付け「意外な結果の日銀短観 それを隠すマスコミ」に対し、大企業製造業DIが昨年12月のマイナス12が今回マイナス8に改善したと普通に見ればよく、本誌の見方は変であるとのコメントを頂きました。

 まさに本誌が強調したい重要なポイントですので、再度説明します。

 経済が本格的に回復するためには、デフレマインドの払拭など市場心理が好転する必要があり、そのためには円安・株高が最も即効的な効果があり、そのためには大胆な金融緩和が必要である、という順番のはずです。

 念のために時間順に並べなおしますと、大胆な金融緩和が円安・株高を引き起こし、それがデフレマインドの払拭など市場心理を好転させ、その結果、経済が本格的に回復する(可能性が出てくる)のです。

 これは安倍内閣やそのブレーンも「ほぼ同じ」理解のはずです。

 現時点の状況は、大胆な金融緩和はすでに完全に織り込まれて、円安・株高がかなり進行しています。

 次の重要なステップは、これがデフレマインドの払拭や市場心理の好転に結びつくのかどうかです。

 昨日発表された「短観」こそ、民間企業1万社以上から直接回答を求めるものであり、これに対する最も的確な「答え」のはずです。

 業況判断は企業経営者の「経済に対する見通し」です。これこそ学者や評論家が机の前に座って頭で考える「見通し」とは違い、大げさではなく「現場で命を懸けている企業経営者」の実感です。

 その「現場で命を懸けている企業経営者」の判断が、大企業製造業ですら前回のマイナス12からマイナス8であり、「もっと直接的に現場で命を懸けている企業経営者」の実感である中小企業製造業だと、前回のマイナス18がマイナス19に悪化しているのです。
 
 つまり現場の市場心理は、ほとんど好転していないことがわかったのです。
 また昨日書いた価格判断も(大企業製造業ですら)デフレマインドが払拭されていないことを表しています。

 これは安倍内閣の金融・経済対策を批判しているのではなく、「大胆な金融緩和が織り込まれて円安・株高が進行しているにもかかわらず、デフレマインドの払拭を含む市場心理の好転に結びついていない」という重要な事実を強調したいのです。

 既に明らかな兆候が表れている円安による輸入資源価格の上昇などの弊害が、広く認識されてしまう前に市場心理を好転させなければなりません。消費税の引き上げも、すぐそこです。

 ここで市場心理の好転に失敗すると、昨年春の二の舞になりかねません。昨年はユーロ圏の債務問題の深刻化という「外部要因」もあったのですが、基本的には市場心理の好転に失敗したのです。

 今週の日銀政策決定会合では、大胆な金融緩和が行われることは既成事実で、あとは「方法論」だけです。

 くどいようですが現時点で最も重要なことは、金融緩和の方法論ではなく、その次の「いかに市場心理の好転に結び付けるか?」なのです。昨日の短観では、はっきりと「市場心理が好転していない」と分かったのです。早急に対策を検討しなければなりません。

 2月15日付け「為替と株の相場見通しを微修正」で、それまでの「悪材料に弱気になったら負け」から「好材料にも悪材料にも反応するようになる」と修正しました。

 本日(4月2日)はさらに「悪材料に、より大きく反応するようになる」と再修正します。別に弱気になったわけではなく、(特に海外からの)悪材料が出なければ心配する必要はありません。

 しかし、さしあたっては、日銀の大胆な金融緩和も「材料出尽くし」の悪材料になるかもしれませんし、キプロスの「次」のユーロ圏からも目が離せません。

 久々ですが、少し用心した方がよさそうです。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
前回記事の名無しさんのコメント「変な分析ですね。常軌を逸してると思う。」を読みました。この方は実体経済をまったく理解していないと思います。むしろ小生は闇株新聞さんの見方に共感を覚えます。その理由は長期国債の利回りを見ればわかるはず。前記コメント子は長期金利がなぜ上がらずに、現状下がっているのかを理解できていないと思います。
市場ではアベノミクスなるリフレ経済政策は失敗に終わると、すでに織り込んでいると思われます。それが長期国債の金利低下として表れている。経済政策失敗の結果はどうなるか? 単に物価は上がり、税金があがり、庶民の生活は苦しくなる一方だ。海外ではABEと言われている。アセット・バブル・エコノミーの略です。
日本経済の先行き及び庶民の生活には悲観的にならざるを得ません。
だからフィナンシャル・タイムズの英語版ツイッターで安倍首相自身が「安倍は日本のインフレ・ターゲットに関して警告します。2%が2年でambtiousすぎる」と出てたわけですね。日本の報道と外国では随分と違いますね。
確かに「変な分析ですね。常軌を逸してると思う。」は言い過ぎかもしれませんが、景気の気はあくまで「気」ではありませんでしたか?
海外からなにか言われると盲信してすぐに悲観的になってしまっては、また同じ事を繰り返すのみでしょう。
所詮、外野の戯言、野次馬の戯言と、どっしり構える。
安心しましょう、万が一日本に何かあったらそれこそ世界を巻き込んで心中ですよ、何も寂しいことなんかない。

今一番ヤッテはいけないこと、それは訳知り顔で悲観的観測を垂れ流すことではないのでしょうか。
闇株新聞さんも相場に近い方なので、短観がこんなに弱いのは意外だったのではないでしょうか。
しかし、景気回復期には、実体経済は遅行しながら回復に向かうのはよくあることだと思います。黒田さんが本当のハト派なら、今回の結果はむしろ「より大胆な金融政策」のきっかけになるのではないでしょうか?
そうですね昨年7-8月の米国の状況ですね。よって株式市場は上げ足は鈍るものの調整は少ないと思います。
金融政策が実体経済に波及するのは1年から1年半かかるといわれています。まだ半年もたっていません。現時点で市場心理が好転していないことをもってうまくいっていないとするのはせっかちすぎると言わざるを得ません。
短観ってマジメだと再確認シタ。
記事から話題が逸れますが、長期金利がインフレ率を大幅に下回ることはありえるのでしょうか。
政府と日銀はインフレ2%を目標にしていますが、国債の利回りは2%を大きく下回っています。これでは国債に投資するメリットがないような気がします。もし仮に国債価格が下落し、長期金利が上昇した場合、国債の利払いが増加し国の収支が悪化します。
理想としては、国債の利回りを低くすることとインフレ率2%の維持を両立する必要があるのでしょうが、そのようなことが可能なのでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム