闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

「マネタリーベース」と「長期国債」

2013年04月05日

「マネタリーベース」と「長期国債」
 
 本日(4月4日)発表された日銀の「異次元緩和」のキーワードです。この2つに絞って解説します。

 直感的に「FRB型の金融緩和に近づけた」と考えます。

 まずマネタリーベースとは「日銀券発行高」+「貨幣流通量」+「日銀当座預金」のことです。2013年3月の月中平均では、日銀券が82.8兆円、貨幣が4.5兆円、日銀当座預金が47.8兆円で、マネタリーベースは134.7兆円となります(季節調整前).

 このマネタリーベースを今後は金融調節の操作目標にして、2013年末に200兆円、2014年末に270兆円(つまり今の倍)にします。

 ただ日銀の発表した資料では、2012年末で87兆円だった日銀券発行高が、2013年末に88兆円、2014年末に90兆円にしかならないところ、2012年末で47兆円だった日銀当座預金が、2013年末に107兆円、2014年末に175兆円に急増すると想定されています。


 つまり現時点では、積極的な資産買入れ(後述)により供給される資金の「ほとんど全部」が、日銀当座預金に「滞留」することを想定しています。

 今まで日銀は、特にFRBと比較して金融緩和に消極的であると批判されていたのですが、FRBも3月28日現在で1兆1776億ドル(112兆円)の紙幣発行に対し、1兆8296億ドル(174兆円)もの準備残高(日銀当座預金に相当)があります。現在の1ドル=95.50円で計算してあります。

 つまりFRBも積極的な資産購入によって供給した資金の「かなりの部分」がFRBに準備残高として「滞留」したままなのです。リーマンショック以前は、この準備残高は1000億ドル(当時の1ドル=100円として10兆円)未満しかありませんでした。

 突き詰めて考えればFRBと日銀の金融緩和の違いは、このFRBにある174兆円の準備残高と、日銀に47兆円「しか」ない当座預金残高の違い「だけ」なのです。

 だからこの当座預金残高を、2年後に175兆円にするのです。数字がほとんど同じなのは偶然ですが、「日銀として出来るのはここまでですよ」と言っていることになります。

 次は「長期国債」です。日銀では発行時に1年未満の短期国債でなければ、すべて残存年数にかかわらず「長期国債」と呼びます。「残存年数が長い国債」という意味ではありません。

 しかし本日の決定では、この「残存年数が長い国債」をかなり買入れることになりました。

 残存年数が3年未満の国債だけを買入れていた「資産買入等の基金」を廃止し、月額1.8兆円の国債を買入れている「通常の国債買入れ」と統合し、合計で月額7.5兆円程度を買入れることになりました。

 金額も大幅に増えているのですが、重要なことは従来3年弱だった買入れる国債の平均残存年数を、7年程度まで延長したことです。2013年度に新規発行される国債の平均年数が7年11カ月なので、それに近づけたようです。

 その月額7.5兆円の内訳は、残存年数1年以下が0.22兆円、1年以上5年以下が3兆円、5年以上10年以下が3.4兆円、10年超(40年まで)が0.8兆円などとなります。

 従来の買入れとの比較は省きますが、「残存年数の長い国債」が大幅に増額されています。この結果、3月20日現在で日銀が保有している94兆円の国債残高(短期国債を除く)が、償還分を考慮しても2013年末に140兆円、2014年末に190兆円に急増します。

 因みに2013年度の国債市中発行計画では、2~40年債が合計で118.8兆円新規に発行されるので「国債が無くなってしまう」と心配することはないのですが、それでもその新規発行の42%に相当する国債が日銀に吸収されることになります。

 つまり日銀は、あくまでも金融緩和目的では「資金供給の連続線上で短い国債」だけを買入れていた従来型の資産購入を、すべての年限の国債を買入れることに「大転換」したことになります。

 これも残存年数30年までの米国国債と長期債であるMBSを積極的に買い入れているFRB型の資産購入に近づけたことになります。ただFRBの主目的が、長期金利(特に住宅ローン金利)を低下させることによる景気刺激なのですが、日銀の本日の決定は、既に十分すぎるほど低下している長期金利を、さらに低下させることになります。

 既に本日、10年国債利回りは2003年の史上最低利回りを更新する0.425%となりました。

 国債先物価格も夜間取引で146円30銭台となっていますが、これはまだまだ割安で大幅な水準訂正があるはずです。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:9 | TrackBack:0
関連記事
コメント
記事の中で時間軸が違っていましたので、訂正させていただきました。

大変申し訳ありませんでした。
思いの外(?)市場が好感して、円安・株高が一気に進みました。
かなりバブリーに映りますがすぐにしぼんでしまわないでしょうか?
塩漬けとなっていた前職の社員持株の遺産が一時ストップ高となっていたには驚きました。
日銀は株式を裏付けとしたETFや、不動産を裏付けとしたREITを買い増していくとのことですが、国債以外の資産買い入れとして例えば社債や現物の金といったものの購入枠は拡大しないのでしょうか?

こうした点について闇株さんなりの見解を聞かせてもらえると嬉しいです。
危険な買い物
闇株様、良い記事いつもありがとうございます。
本日の国会見ていて、こんな事を考えていました。

[戦後二つの高価で危険な買い物みついて]

(買い物A=原発).
3.11以降の東電の原発検証からうかがわれる疑惑。
印象に残った3つのこと
1.原子炉容器内の圧力計測器
重要な情報を計測する機構が単一方式であったこと。
2.原発の安全を保つために重要な圧力制御機構に空気圧と、
配管引き回しによるシステムが導入されていた。
これには素人ながら驚いた。
3.全電源喪失による重要な制御機構への電源供給に必要とされ
た12Vの非常時電源が調達されず2Vが調達されたために、
急遽現場で自動車の蓄電池で代用しようとした。

この3点について思ったこと、

1.重要な情報を計測する機構は最低でも2方式で各2系統
とすべきである。

2.気密が引き回された配管の1っ箇所でも破れれば機能しなく
なる可能性が容易に想定されるのに、
特に地震国の日本にあって多くのリスクを最大に引き込む検証を
するに等しい機構の仕様を目にした工学系担当者は、何も感じな
かったのか?
あるいは疑問を押し殺す何らかの力学があったのか。
そもそも米国では同型原子炉に同様の機構が採用されていたのか?
あるいは、当初は同様の機構が、見直されて改定されているのだろうか?

3.各種の事故パターン別に、復旧用機器及び物資に必要とされる
仕様規格や調達の優先順位について事前に考察し検証した形跡がない。
非常用電源なら容量別に用意し、電圧は各種要求をカバーできる
インバーターをセットにすればよいのでは?と素人なりに思う。

だがしかし、少し冷静に考えると、ここまでの安全対策への無作為が、
はたして通常に業務にあたる、監督官庁と事業会社の少なくとも、
一般教養と思考力、あるいは専門知識を修めた技術者、学者、また
専門外の出身であっても担当者となって学んだ者たちのすべてが、
なんら問題を意識せず、すり抜けるものだろうかという疑問が浮かぶ。
つまり、そこには「余計な異を唱えるな」という至上命令の共通認識
があったのではないか?
これらは、事故の発生と対処の失敗を予定した一連の破壊工作を
盲目的に受け入れたということではないのか?。

(買い物B= FRB型の金融緩和 +TTP).
同様に至上命令の共通認識下で進む危うさを感じます。

-----
闇株様、今回もお目に触れただけでうれしく思います。
不適切と判断されボツとなっても不満はありません。
「マネタリーベース」と「長期国債」の詳細な額の内訳と解説をいただき、大変参考になりました。
ただ、積極的な資産買入れにより供給される資金の「ほとんど全部」が、日銀当座預金に「滞留」することを想定しているはずの日銀は、どうしてそれが、世の中に出回るお金を増やすことにつながると考えているのか、これが分かりません。
準備預金(当座預金)が少なくて貸出を拡大できないという状況なら理解できますが、現状は既に有り余る額の当座預金が積み上がっていますし・・・。
脱デフレの方策として、マネタリーベース(実質は当座預金残高)を政策目標にするロジックをご教授いただければ有難いです。
新聞やテレビのニュースでは、本質に迫る解説はほとんど得られません。

尚、「それでもその新規発行の42%に相当する国債が日銀に吸収されることになります。」とありましたが、国債残高を年間50兆円増やすというのはネットの数値であり、償還分があるのでグロスでは7.5x12=90であり、新規発行の70%程度が吸収されてしまうことになるのではないでしょうか。
散々不安をあおるような記事を書き込みその挙句株価暴騰。
それをごまかすためにダルビッシュの記事をはさんで現実逃避。
馬鹿かと・・・
少しなりとも影響力あるんだから安易に不安を煽る記事を書かないように。
それともあなたはファンドの手先ですか?
私はそのようには、思いませんど。

色々な捉え方の人がいるのですね。
捨て人さん

何故か迷惑コメントに分類されていた為、
承認が遅れました。
申し訳ございません。

また、コメントよろしくお願いします。
原発事故を考察
4/5の捨て人様へ。「余計な意を唱えるな」という分析と高い買い物であったという指摘はストライク。しかし、技術的な問題点を多々論じても、事の本質にはたどり着けない。原子力発電が研究されたそもそもの理由は、米国が無寄港長期潜行作戦を可能とする潜水艦を開発するためでした。開発優先のため、安全性や廃棄物処理などトータルでみた技術は未完のものでした。第二は米国の利益と日本の産学官の「みんなが甘い蜜」を吸い合う体制が作られたこと。第三に日本国として、将来国内情勢が許せば「核を持ちたい」という野望を秘めていたので推進したのです。圧力計測器や電源喪失等に目を奪われ深みに嵌ると、今後の方途も危ういものとなるでしょう。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム