闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

また急落した日経平均 高止まる国債利回り

2013年05月31日

また急落した日経平均 高止まる国債利回り

 ソフトバンクの201億ドルのスプリント・ネクステル買収を、米外国投資委員会(CFIUS)がいくつかの条件付で承認したのですが、本日はこちらの話題にします。

 本日(5月30日)の日経平均は737円安の13589円となり、ちょうど1週間前の5月23日につけた高値の15942円から14.7%もの下落となりました。

 FRBがQE3を縮小するという懸念もあるのですが、NY株式がそれほど下落しているわけではないので、やはり日銀の「異次元」金融緩和をはじめとする安倍内閣の経済政策に対する「不安」が出始めたからと言えます。

 最大の「不安」は国債利回りの上昇です。

 本日午後5時現在では、10年国債利回りが0.90%で、株式市場の急落にもかかわらず前日の0.93%から、それほど低下していません。

 10年国債利回りは、「異次元」金融緩和の発表前日の4月3日が0.55%で、5月初めでも同じくらいでした。もちろん日銀による長期国債を中心とした「異次元」買入れは、発表の通り月額7兆円を超えるペースで実行されており、また1年物の資金供給も弾力的に行われています。

 このままでは住宅ローン金利や、企業への貸出金利が上昇してしまうことになるのですが、日本株とくにREITの投資魅力も国債との比較で大きく損なわれることになってしまいます。

 それ以外に、経済回復に不可欠な銀行の貸出姿勢にも影響が出て来ることになります。

 2013年3月期には、三菱UFJが3223億円、みずほが2204億円、三井住友が1138億円の債券売買益を計上していました。これらメガバンクの3月末時点の保有国債の平均残存年数は、三井住友銀行だけが短期化を進めて2年以下、三菱UFJとみずほは逆に長期化を進めて4年程度になっていたと思われます。

 3月末と本日の利回りを比べれば、2年国債が0.05%から0.15%へ、3年国債が0.06%から0.19%へ、4年国債が0.1%から0.28%へと、それぞれ約3倍に「急上昇」してしまっています。

 4月は、メガバンクを含む大手銀行が国債(短期国債を除く)を約2.7兆円売り越しているのですが、地方銀行は大幅に買い越しています。

 つまり銀行の収益にも大きな影響が出てきて、期待されている「リスクを取って貸し出しを増やす」わけにはいかなくなる恐れも出てきます。

 ところで昨年の10年国債の最高利回りは3月中旬の1.05%でした。その時は当時の日銀が「1%の物価上昇の目途(目標ではありません)」を表明し、日経平均の高値が10255円、ドル円が84円と、一時的に株高・円安となっていた時期です。

 現在はそれよりはるかに円安・株高となっているため、別に10年国債利回りが0.9%でも1.0%でも「何も心配は無い」はずです。

 そうならないのは、日銀が「異次元」金融緩和の発表時に「国債利回りを全期間にわたって低下させる」と強調してしまっていたからです。

 もっと深刻な問題は、国債利回りは(これからの)物価上昇あるいは目標としている2%の物価上昇を織り込み始めているのかもしれません。実際には3月の消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合指数)は前年同月比で0.5%のマイナスとなっているのですが(注)、国債利回りだけが実際の物価上昇に先行して上昇を続けるかもしれないことです。

(注)4月の物価上昇率は、5月31日の早朝に発表されます。

 そして国債利回りの上昇は、日本株の投資魅力を減退させ(つまり下落させ)、銀行の貸出姿勢を減退させ、実際の物価を下落させ、当然に実体経済の回復を遅らせることになります。そして市場がこれらをすべて認識するまで、国債利回りの上昇は続くのかもしれません。

 6月3日(月曜日)に配信する有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」では、前回に引き続き、この「異次元」な金融情勢について「異次元」に考えてみることにします。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング2位」です。



人気ブログランキングへ

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
大衆心理が乱高下の原因でしょうか?
つい最近まで、日経平均株価は十数年ぶりに2万円を超えるのではないかと思っていましたが、ここ数日の乱高下はどちらかと言うと下に向いているような気がします。期待通りにならないと、暴落するのでは無いかと思ってしまうのは大衆心理でしょうか?機関投資家は、この大衆心理を上手に操るのですよね!憎い。でも機関投資家と同じようなタイミングで株を売買出来たら儲かると思いませんか?実は、テクニカルチャートで、それを見破ることができます。詳しくは、私のブログで紹介しています。
歯痒いですが、安倍政権へのお仕置きですね
FRBの政策次第でアベノミクスは何時でも圧し折ることが出来るという示威、北朝鮮への無断訪朝と橋下氏の発言に関しての一国のトップとしての釈明が求められています。

すぐにでもこの2件の外交問題に関して安倍政権は誠実な対応を行い、絶対に米国との歩調を乱してはなりません。

参院選が終わるまで経済政策一本で行くかと思いきや、早くも政治面で内部の足並みが乱れ始めて選挙に勝てたとしてもその後が心配です。
ナルホド!アベノミクス株価暴騰はFRBの「量的緩和のその後の迷い事一言」でヤラレタ感じ,怖いね!恐ろしいね!ヘッジファンドと繋がっているのだ!今後の対策,オバマ大統領に6月中旬頃再度ご挨拶大事だね!FRBバーナンキ議長にもご挨拶忘れないでね!それと,米国主要な上院,下院の議員の皆様に安倍総理の種々多様な物の見方,考え方を良くご理解させないと,米国有っての日本国だからね!
日米にお金が集まっている見解をもっと
のぞみます。
欧州、BRICSが頼りないので日本米国がプラスドイツが期待されていると思うんですが、それが基本じゃないんでしょうか?
その需給関係状況が崩れなくて、もし、資金が日本から移動するとしたら、どんな環境の変化が想定できるのでしょうか?
それが知りたいのです。
投資家心理やファンド心理の変化といったもの。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム