闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

厚顔無恥の極み 昭和HDの国家賠償請求

2013年07月16日

厚顔無恥の極み 昭和HDの国家賠償請求

 本誌は株式市場で起こる大抵の奇怪な事件に対しては免疫力があるのですが、この件には思わず絶句してしまいました。

 昭和HD(東証2部上場・コード5103)が6月6日に「当社等による国家賠償請求訴訟提起のお知らせ」とのIRを出しました。

 昭和HDは平成20年6月27日に払い込まれた第三者割当増資が架空増資であるとの疑いで平成22年6月8日に証券取引等監視委員会(以下「監視委員会」)による強制調査を受けていたのですが、今回「違法な令状請求を主な理由として、当社等が被った損害の賠償を求める」訴訟を提起したものです。

 当然に金銭的補償を求めているのですが、具体的な金額は開示されていません。

 この第三者割当増資とは「あるファンド」に割り当てられ、株主総会の2日前に払い込まれた12億4500万円の増資ですが、何とその議決権を3月末に遡って付与し「あるファンドの関係者」が2日後の株主総会で取締役会を一新し経営権を握ってしまったものです。

 そんなことを認めてしまった旧経営陣は、よほど間が抜けていたのか、脅されていたのか、表に出せない退職金を受けとっていたかのどれかだと思います。

 そして「あるファンド」が払い込み直後(つまり経営権を取得した直後)に、払い込み資金をそっくり還流させていた疑いで平成22年6月8日に証券取引等監視委員会の強制捜査を受け、何と還流させていた金額が払い込んだ資金よりもはるかに大きい27億円であったことが明らかになりました。

 形式上は「あるファンド」が発行する社債を購入したことになっているのですが、何の価値もない紙切れです。そもそもこの「あるファンド」とは、日本の投資家から集めた資金の大半を焦げ付かせて問題になっている大変に怪しいファンドなのです。

 さてこの増資は教科書に載せても良いくらいの架空増資であり、かつ払い込んだ資金の倍以上の資金を持ちだしている「レバレッジド架空増資」でもあり、監視委員会がお得意の偽計取引でも適用すれば100%刑事告発が可能なものです。

 しかし非常に不思議なことに監視委員会は告発を見送ってしまいました。確かに「あるファンド」は2011年6月までに、多少の現金と保有していた企業(上場会社と未上場会社)の株式を差し出し、残る社債を分割で償還する「和解」を昭和HDとの間で行ったのですが、そもそも昭和HDの経営権は「あるファンド」が握っているため、「あるファンド」の財産の置き場所を変えただけのことで、金融商品取引法違反が軽減されるものでも消えるものでもありません。

 一体、監視委員会はなぜ告発を見送ったのでしょう? ちょうど7月11日付け「インデックスを巡る証券取引等監視委員会の対応」で、監視委員会の告発する事件は「悪質な事案」ではなく「万が一にも無罪にならない事案」であると書いたのですが、昭和HDをめぐる事案は「非常に悪質であり、かつ無罪になる可能性は全くない」ものです。

 ここで意味不明な逡巡をしていたので、昭和HDが(「あるファンド」と一心同体です)6月6日に「不法な捜査令状によるいわれなき強制捜査で被った損害の賠償を求める裁判」を提起し、さらに6月28日に「当社第三者割当増資の排斥期間満了のお知らせ」で、当該増資から満5年が経過したので監視委員会から違反行為があったといわれる筋合いはなくなったと宣言してしまいました。

 つまり完全に「コケに」されて「喧嘩」を売られたのです。

 いかなる無理筋でも強引に告発してしまう監視委員会(特別調査課)にしては、到底説明のできない「告発見送り」であり、さらに損害賠償まで求められたのです。負けた場合は監視委員会が支払うのではなく国民が負担することになります。

 本誌は以前から、昭和HDについては「絶対に告発すべき悪質極まりない事案」だと思っていました。だから「闇株新聞 the book」にも掲載してあります。

 その悪質極まりない事案が「逃げ切った」だけでも証券市場における影響が大きいところに(堂々と真似をする会社が出てくるからです)、損害賠償まで求められて「徹底的にコケ」にされているのです。

 今度こそ監視委員会の奮起と巻き返しを期待しています。


1日1回の応援クリックを宜しくお願いします。
現在は「株ランキング3位」です。



人気ブログランキングへ

 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
ファンド代表に課徴金勧告へ 監視委、初の「偽計」適用
課徴金は数十億円に上るもよう ロイター
産経・共同が9月17日、そして訴訟沙汰に・・
本日読売がまた報道してますけど(その後の調査で証拠がでてきた?)一体どうなってるんでしょうね?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム