闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

FRB議長候補に急浮上したローレンス・サマーズの弱点

2013年07月30日

FRB議長候補に急浮上したローレンス・サマーズの弱点


 来年1月に任期の切れるFRBのバーナンキ議長は、まだ自らの去就を明らかにしていませんが、退任の可能性が強いようです。

 そこで秋ごろまでには後任を選ぶ必要があります。指名は大統領が行いますが、上院の承認が必要です。

 後任については、ジャネット・イエレン副議長とティモシー・ガイトナー元財務長官が有力とされていたのですが、ここになってローレンス・サマーズ氏が急浮上しています。

 FRB議長に求められる最大の資質とは、卓越した金融理論などの能力ではなく、「世界の金融市場から人格を含めて圧倒的に信頼されていること」に尽きます。

 つまりFRBの金融政策が効力を最大限に発揮するためには、具体的な金融政策の中身ではなく、FRBとりわけFRB議長が「任せておけば大丈夫」と信頼されていることが最重要なのです。

 1979年以降、ボルカー氏、グリーンスパン氏、バーナンキ氏と3名しかいないFRB議長の実績が、こういった信頼を作り上げたといえます。これは米国金融市場の大きな「財産」です。

 ローレンス・サマーズ氏は、このFRB議長に求められる最大の資質が、「最も欠如している」人物かもしれません。

 サマーズ氏が卓越した頭脳を持っていることは、世界中どこにも異論がないはずです。

 ノーベル経済学賞を受賞したポール・サミュエルソン氏が父方の、同じくケネス・アローが母方の叔父であり、自身も16才でマサチューセッツ工科大学(MIT)に入学し、28才でハーバード大学の史上最年少教授となった秀才です。

 クリントン政権で財務省入りし、1995年に財務副長官、1999年に辞任したロバート・ルービンの後任の財務長官となり、ブッシュ政権発足後はハーバート大学学長となりました。

 しかし2006年に女性を蔑視した発言が問題視されて辞任し、2009年にオバマ政権となると国家経済会議(NEC)委員長となりましたが2010年に辞任していました。

 経歴を通じて常に批判されるのは、尊大、知識を鼻にかける、人の意見を聞かない、人を見下す、特に女性やマイノリティーを見下す、などなどです。サマーズ自身は東欧系のユダヤ人(アシュケナジ)です。

 Wikipediaの引用ですが「サマーズに謙遜を求めるのは、マドンナに貞操を期待するようなもの」だそうです。

 FRB議長の後任候補に急浮上して以来、サマーズ氏に対しては、ヘッジファンドのDEショーに在籍していたことや、現在もシティ・グループやナスダックOMXのコンサルタントを務めていることなど、ウォール街と政府の間を行き来する典型的な「回転ドア」であるとの批判が出ています。

 しかし問題はそんなことではなく、サマーズ氏は、FRB議長に求められる最大の資質が「最も欠如している」人物で、歴代のボルカー、グリーンスパン、バーナンキの各議長が築いてきた「市場からの信頼という最大の財産」を引き継ぐことは難しいのです。

 本誌が口を挟む問題ではないのですが、もし本当にサマーズ氏がFRB議長になれば、米国金融市場が新たなリスクを抱え込むことになります。

 急に話が変わるのですが、フェイスブックの誕生とマーク・ザッカーバーグの「人となり」を題材にした2010年製作の「ソーシャルネットワーク」という映画があります。

 まさにザッカーバーグがハーバードに在籍していた時の学長がローレンス・サマーズで、映画にも登場します(サマーズ本人が出ているわけではありません)。映画中ですが評判通りの「ものすごく嫌なおやじ」でした。

 2011年6月14日付け「忙中閑あり」にも書いてあります。


1日1回の応援クリックを宜しくお願いします。
現在は「株ランキング3位」です。



人気ブログランキングへ

 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
ハーバード大学学長だったサマーズ氏は積極的に大学教育改革を推し進めていました。女性蔑視発言も、科学の分野では性別も関係あるかも知れない、という仮説を述べただけで、特に女性を蔑視したものではなかったのですが、MITの学長(女性)がそれを問題視したことが発端と聞いております。
映画では「ものすごく嫌なおやじ」だったようですが、彼の講義はいつも満席で、学生には人気がありました。彼を嫌っていたのは、大学の教授連だったようです。
あぁ『インサイド・ジョブ』の人か。
レコンキスタ後イベリア半島を追われた本来のユダヤ人(セファラディ)で欧米で活躍した人はあまり聞きませんね。ほとんどアシュケナージですが、ハプスブルグ統治下のオランダに逃れたスピノザくらいですかね。ご存知の方教えてください。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム