闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

検証!東京裁判 その2

2013年08月14日

検証!東京裁判 その2


 A級戦争犯罪人容疑者として、東条英機元首相をはじめ軍幹部・国務大臣・外交官・言論人・企業経営者などの100名以上が逮捕され、そのうちの28名が1946年4月29日(昭和天皇の誕生日)に起訴されました。

 したがってA級戦犯とは、主に「事後法」である「平和に対する罪」で起訴された28名のことで、逮捕されたものの不起訴となった岸信介元首相(安倍晋三首相の祖父)らはA級戦犯ではありません。

 A級戦犯を裁く極東国際軍事裁判(以下「東京裁判」)は、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが布告する極東国際軍事裁判条例に基づいており、明らかに勝者が敗者を一方的に裁くものでした。また軍事裁判に軍人以外(国務大臣など)を裁く権限があったのかは、あいまいなままです。そのために「共同謀議」を訴因に入れているのですが、「共同謀議」は最後まで立件できませんでした。

 東京裁判の裁判官と検察官は、連合国11カ国から1人ずつ派遣されました。この11カ国とは、米国・英国・フランス・オランダ・ソ連・中国(中華民国)・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドと、裁判開始時には独立国ではなかった英国領インドと米国領フィリピンのことです。

 はっきりといって「寄せ集め」でした。各国政府の意向も反映するためまとまりが悪く、また法廷の公式用語となる英語・日本語のどちらも解さず、何よりも国際法を理解せず実務経験もない裁判官までいました。

 裁判長に選ばれたウィリアム・ウェッブも、肩書はオーストラリア連邦高等裁判所判事となっていますが、これは直前に珀付けのために「昇格」させてもらっただけで、実際は地方裁判所判事に過ぎず「明らかに力不足」でした。

 一方、弁護士をつけることは認められており、各被告には日本人と米国人の弁護士がそれぞれつけられました。この米国人弁護士は決して「寄せ集め」ではなく、ブレイクニー少佐のように米国の原子爆弾投下などを厳しく糾弾する弁護士もいたのですが、しょせんは「流れを変える」ことなどできるはずがありませんでした。

 そもそもA級戦犯の28名はどのようにして特定されたのでしょう?

 繰り返しですがA級戦犯とは、連合国(戦勝国)に対する開戦責任などの「平和に対する罪」と、連合国人民に対する「人道に対する罪」を犯した人物のことです。それ以外の罪は関係がありません。

 当然のことですが、100名以上を逮捕したもののA級戦犯の特定は困難を極めます。そもそも「物的証拠」が少ないので、証言に頼るしかありません。

 しかし検察側には2人の強力な「協力者」が現れます。

 1人は自らもA級戦犯容疑者として逮捕されていた木戸幸一内大臣です。昭和天皇の最大の側近で、東条英機をはじめとする首相指名を実質的に行った「重臣」でした。

 木戸幸一は、検察側がA級戦犯を特定するための重要証拠(木戸日記)の提出や重要証言を行います。木戸幸一の協力によって起訴されたA級戦犯は15名になるとされています。

 評価が難しいのですが、木戸の行動はすべて昭和天皇に責任が及ばないためであったといわれています。しかし自らの保身のためであったとも考えられます。木戸自身は協力も報われずにA級戦犯として起訴され、終身禁固刑となりました。

 もう1人が田中隆吉・陸軍少将です。田中は満州や上海で数々の謀略を主導したのですが、大変不思議なことに戦犯として逮捕を免れていました。

 田中の方は、明らかに自らの免責と引き換えにA級戦犯特定のための重要証言を行ったのです。それだけではなく東京裁判にも検察側証人として出廷し、各A級戦犯を名指しで攻撃しました。木戸とは違い、軍人が軍人を「売った」のです。

 特に自らの上司であった武藤章(田中はその地位を狙って画策していた)は、田中の重要証言によって死刑となりました。私憤まで持ち込んでいたのです。

 本誌が考える日本陸軍で最悪の軍人ですが、まだまだ最悪の軍人がこれからも出てきます。

 かくして2人の協力などで特定された28名のA級戦犯を裁く東京裁判は、1946年5月3日に審議を開始します。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム