闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

2003年に米国がイラクを攻撃した「根拠」とは?

2013年09月04日

2003年に米国がイラクを攻撃した「根拠」とは?


 「化学兵器」の使用疑惑があるシリアへの軍事攻撃は、オバマ大統領が議会の承認を求める方針としたため、とりあえず「先送り」となりました。

 本日は、2003年にイラクが「大量破壊兵器」を所持しているとして軍事攻撃したときの「根拠」についてです。

 2001年1月に就任したジョージ・ブッシュ大統領は、就任直後からイラクの核査察に対する非協力的な態度を批判していました。イラク政府が2001年9月11日の同時多発テロを賞賛する態度を見せたため、米国政府内ではますます対イラク強硬論が優勢になり、その急先鋒がディック・チェイニー副大統領でした。

 2001年の暮から米国政府内で、イラクが核原料のウランをアフリカのニジェール共和国から輸入したとする「ニジェール疑惑」が起こり、ブッシュ大統領はこれに飛びつきます。

 しかし調査のためにCIAから現地に派遣されたジョゼフ・ウィルソン・元ガボン大使が「そのような疑惑は根拠がない」との報告書を出したのですが握りつぶされ、ブッシュ大統領は2003年1月の一般教書演説でもニジェール疑惑を強調します。

 同じ一般教書演説では、さらにイラクがウラン濃縮用の遠心分離器に利用するアルミ・チューブも輸入していると強調し、あわせて「根拠」とされます。

 こうして2003年3月19日にイラクへの軍事攻撃(イラク戦争)が始まるのですが、大量破壊兵器は発見されませんでした。ジョゼフ・ウィルソンは同年7月6日にニューヨーク・タイムズに「イラクの核開発については情報が捻じ曲げられている」と寄稿し世論に訴えます。

 ところが同年7月14日にワシントンの保守系コラムニストのロバート・ノバクが、ジョゼフ・ウィルソンの妻のヴァレリー・ウィルソン(旧姓・プレイム)が現職のCIAエージェントであることを暴露します。明らかに「御用コラムニスト」を使った米国政府の報復でしたが、CIAエージェントの身分暴露は「情報部員身分保護法」に反する重罪です。

 身分を明らかにされたCIAエージェントは活動ができなくなり、ヴァレリーの海外協力者も多数犠牲になりました。ヴァレリーの旧姓から「プレイム事件」といわれています。

 ジョゼフとヴァレリーのウィルソン夫妻は、各種妨害を受けながら反撃し徐々に世論を味方につけます。ブッシュ大統領は、2003年1月の一般教書演説はCIAの主張を入れたものと責任を押し付けてしまいます。

 ついに2003年9月28日、CIAは司法省に機密情報漏洩事件として捜査を依頼するのですが、政府の圧力やマスコミの情報源秘匿などで捜査は難航します。

 大陪審に召喚されたジャーナリスト2人が情報源を明らかにすることを拒み、法廷侮辱罪で逮捕・収監されたのですが、「御用ジャーナリスト」ロバート・ノバクは何もお咎めがありませんでした。ノバクは2009年に78歳で死去しています。

 けっきょくはチェイニー副大統領のルイス・リビー首席補佐官だけが「代表して」偽証・司法妨害などで起訴されたのですが、重罪となる機密漏洩での起訴は免れて2年6か月の禁固刑となります。すかさずブッシュ大統領が権限を行使して執行猶予となり、世論の批判を浴びました。

 全体として「非常に後味の悪い事件」となったのですが「フェア・ゲーム」という映画になっています。政府スキャンダルを描いた映画としては非常によくできています。映画の最後でヴァレリー・ウィルソン本人が公聴会で証言する実写フィルムに切り替わります。

 ヴァレリー役を演じたナオミ・ワッツにも雰囲気の似た「なかなかの美人」です。「美人スパイ」は実在するようです。

 これでもって現在のシリアに対しても同じことが起こっているというつもりはないのですが、イラク戦争から10年たって隣国シリアに対する軍事攻撃の可能性が高まるなか、どうしても思い出される「プレイム事件」をご紹介しました。


現在、アマゾンで販売されているkindle版「闇株新聞 the book」が、いつまでなのかはわかりませんが、47%offの896円と大変お得にご購入いただけます。iPhone、iPod touch、iPad、Androidなどのお好きな端末でどこでも読むことができます。ご興味のある方はこの機会にぜひ読んでみてください。


kindle版「闇株新聞 the book」のご購入はこちらから → 闇株新聞 the book


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
オバマは確かな証拠があると言っているが、少なくとも彼の元に上がってくる段階で怪しいものだ。

しかし不確かな情報の下でも、化学兵器使用には誰かの何らかの抑止行動が必要だ。

もし自分がオバマの立場なら、先ず「国連軍」による双方への威力査察を模索するだろう。

安倍ちゃんの立場なら、プーチンへのアサド政権へ影響力行使要求と、成果が乏しくとも独自の情報収集を最大限行う。

四海大義。
外交の要諦は、国際的大義を伴う長期的国益の追及に尽きる。
シリア攻撃が有ればCIAと一緒に工作してるサウジを叩くとプ~チンさんが怒ってましたから
オバマが控えれば静かに収まり、上げた拳しが
降ろせなければ第三次なんたらかんたらまで進むんじゃないですかね?
どのくらいまで日本の政治家は情報を持ってんでしょうかね?
情報が無いと世界情勢が見えないので
エサ貰うように情報を米国から入手でしょうかね?
民主党よりマシとはいえ自民党はまだまだですね・・
合衆国を動かす金持ちの悪魔
イラク攻撃までの、数々のおかしな動きの背後に、何があるのでしょうか?

真面目に分析する人は、正解から遠ざかるだけです。嘘も、マスメディアをコントロールし繰り返し流せば本当の事と区別が付かなくなる、という経験的事実を熟知している誰かがプランニングして、実行したと考える方が自然です。

アメリカの貧富の差の拡大も、同じ勢力の仕業です。世界的な法人税の減税と消費税の増税は、富を大衆から奪い企業家に移転するだけのものです、財政問題とは無関係です。
シリアより
エジプトの方が重要ということを忘れてはならない。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム