闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

それからの半沢直樹

2013年09月10日

それからの半沢直樹


 本誌が欠かさずみている唯一のテレビドラマです。バレーボールが出てきたときはビックリしたのですが、無事にみられました。

 ドラマの内容ではなく、登場する企業の「モデル」がどこなのか?を考えてみました。

 まず半沢直樹が勤務する東京中央銀行は、作者の池井戸潤氏も勤務していた三菱東京UFJ銀行のようです。店舗内のカラーに「赤」が多いことからもわかります。

 三菱銀行は1996年に東京銀行、2006年1月にUFJ銀行(三和銀行と東海銀行の合併行)とそれぞれ合併していますが、どちらも実質的に三菱銀行の吸収合併でした。したがって吸収合併された銀行の幹部行員はほとんど放逐されているはずで、ドラマのような出身行による派閥争いはないはずです。

 ただUFJ銀行が東京三菱銀行(当時)に吸収合併されるに至った経緯は、今でも非常に不透明なものがあります。まず2003年10月に金融庁に「UFJが資料を隠している」と匿名の電話が入り、隠している場所まで特定します。金融庁の検査官が踏み込むと実際に段ボールの山が出てきました。検査忌避として2004年10月にUFJ銀行と担当役員3名が刑事告発されています。

 これで一気に優位に立った金融庁は要管理債権の引当率を55%に引き上げさせ(他行は30%程度)巨額赤字決算に追い込みます。しかし金融庁が上記の検査忌避の刑事告発を(意識的に)1年間も留保したため他行のように増資ができず、最後は東京三菱銀行による吸収合併に追い込まれてしまいました。

 当時は小泉政権時で、金融担当大臣は竹中平蔵氏でした。ドラマに出てくる黒崎検査官の金融庁検査など「かわいいもの」です。

 その黒崎検査官に巨額の引き当てを迫られている伊勢島ホテルはどこでしょう?

 これは、みずほ銀行がオーナーの堤義明を放逐して経営権を握ってしまった「プリンスホテル」を含む西武グループのような気がします。

 この経緯は、3月14日付け「サーベラスが西武HDにTOB」に書いてありますので読んでみてください。

 ドラマで創業一族の2代目社長を追い出して傀儡の社長に交代させようとするのは、幹部社員を大量に送り込んで(つまり出向先を確保して)貸付債権を優先的に回収してしまうためで、実際にみずほ銀行が西武HDに行ったことと全く同じです。

 ドラマでは1500億円ほどの引き当てといっているので5000億円ほどの貸付残高があるはずで、銀行にとっても死活問題です。タブレット端末を抱えるだけの行員に任せられる状態ではなく、実際には資産売却でも何でも有無を言わさず「引き剥がし」に取り掛かる段階でしょう。

 ドラマではやや緊張感が足りません。

 それでは伊勢島ホテルがシステムを発注していたナルセンはどこでしょう?

 まず110億円以上の債権があるとなっていますが、そうだとすると「循環取引」です。

 これは比較的簡単で、現在の三菱東京UFJ銀行が自ら深くかかわっていた「ニイウスコー」です。2008年4月に682億円もの循環取引を利用した粉飾決算を公表して、民事再生法を申請しています(最終的には解散)。

 月刊FACTAがこの件で、関わっていた三菱東京UFJ銀行などに質問状を送っていたのですが、木で鼻をくくった解答だけで誤魔化されてしまったようです。

 最後に出演している俳優の中では、大和田常務(香川照之)の人物設定が「やや」不満です。東京三菱UFJ銀行の常務クラスにすれば、「悪さ加減」が不足しています。これは俳優の力量ではなく設定そのものの間違いでしょう。

 もっと「見るからに巨悪」「究極の鉄仮面」にしてほしかったと思います。妻の経営する店に3000万円ほど転貸させていたようですが、これだけだとするとセコすぎてがっかりします。

 でもあと2週で終わってしまうのですよね?


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
池井戸氏は三井銀行出身です。
ハネ専務
私は、専務の地位にありながら独断で120億もの損失を出した人物が何のお咎めもなく、更にはメインバンクの常務が提示した経営再建策がその120億損失専務を社長に据えるという、ちょっと現実離れしすぎている設定にやや興ざめ気味です。。。

中学生の息子に「まあ、ドラマだからさ」と慰められましたが(-_-;)
まあはね専務は失敗した人間としてスケープゴートで一人飛ばしてるから、そこら辺は仕方ないんじゃないですかね。
オリンパス不正経理 内部告発者なぜ雑誌記者を頼ったか 公益通報者保護法が機能しなかった典型例
(朝日新聞)
臭いものに蓋の大手日本企業の体質はなんとかならないものでしょうかね
120億の損失を出してまで買い支える必要のあった株式やホテル、システム会社を通じて融資を受けた先の話を待っています。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム