闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

特定秘密保護法案とは?

2013年09月17日

特定秘密保護法案とは?


 政府が10月の臨時国会で成立を目指す「特定秘密保護法案」について、世間から幅広く意見を求めるパブリックコメントが、本日(9月17日)で打ち切りになります。

 マスコミの報道が「不自然」に少なかったことは、今さら驚くことではありませんが、非常に「やっかいな」法案です。

 「特定秘密保護法案」とは、防衛・外交・安全脅威活動の防止・テロ活動防止のなかで、「特段の秘匿の必要性」がある秘密を担当大臣が「特定秘密」に指定し、「特定秘密」を漏らした国家公務員などへ最高で懲役10年を科すというものです。

 民間人に対しても、「特定秘密」を得るために施設への侵入や不正アクセスなどの不法行為を働けば、同じように最高で懲役10年が科されます。

 最大の問題は、「特定秘密」を恣意的に指定することにより、言論・報道の自由や国民の知る権利が損なわれてしまうことです。今のところは「歯止め」が全く想定されていません。

 同じように政府が年内の発足を目指す「国家安全保障会議(日本版NSC)」とあわせると、政府による情報管理・言論統制が「ほぼ」完成してしまうことになります。

 「特定秘密保護法案」の原型は、1985年に議員立法で提出されて廃案となった「スパイ防止法案」で、国家の重要秘密を外国スパイに売り渡す事例(少なからずあります)を予防するためのものでした。

 それだけであれば国家として「無い方がおかしい」法案ですが、一度法制化されてしまえば「どんどん拡大解釈して利権拡大に努める」官僚組織に「格好の武器」を与えてしまうことにもなります。

 つまり官僚にとっては「自らが厳しく罰せられる恐れがある」という「格好の言い訳」で逃げてしまうことができるのです。まあ今でも堂々と逃げていますがね。

 ここは絶対に「性善説」で考えてはいけません。国家としては必要な法律でも、悪用される弊害があまりにも大きいのです。

 昨年の野田政権時にも検討されていたため、急に出てきた議論でもないのですが、米国からの圧力の可能性も頭に入れておく必要があります。最高で懲役10年というのは、日米相互防衛援助協定の秘密保護法の規定だからです。

 差し当たっては福島原発に関連する情報を「特定秘密」に指定されてしまうと、今でもよくわからない放射能の状況が、もっとわからなくなってしまいます。また逆に、利益の出る東京電力の発電事業だけを軍産複合体に売り渡す「口実」がつくられてしまう恐れもあります。

 パブリックコメントとは、世間の意見をよく聞いたという口実のためだけで、実際にはほとんど意味がありません。現状では自・公が賛成すれば衆参どちらも可決され成立してしまいます。

 そうでなくても昨年の消費税引き上げ法案を「圧倒的多数」で可決してしまった議員さんたちなのです。

 もっといろいろと考える必要があるので、コメントをどしどしお寄せください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
関連記事
コメント
国際調査報道ジャーナリスト連合によるhttp://offshoreleaks.icij.org/
マネーロンダリングや脱税の公開サイト
のことも取上げて欲しいものです
片手落ちです。
大本営発表だけがまかり通る世の中になるのですかね。何ともいやはや。
ありがとうございます
早速記事にしてくださり、どうもありがとうございます。

パブリックコメントは、形だけのものですか・・・。

本当に国民を馬鹿にしてますね。

根本的に変えないといけないってことですね。

まぁ、まずは、国民一人一人が日本や海外の
本当の姿を知ることが一番大事ですね。

相関図にして説明するとかが分かりやすいでしょうか。
複雑すぎて図にならないですかね。。。

私の周りの人達は、今の表面上平和に見える生活を否定したくないのか、
危機感がなさすぎです。

知らず知らずのうちに、
そのようにコントロールされてきたのだから仕方ないですが・・・。

自分から探さないと、
災害や原発やくだらない芸能情報によって、
大事な情報は小さく報道もしくはスルーされますからね。

地道にお知らせ活動したいと思います。

これからも闇に隠された真実を教えてください。
よろしくお願いいたします。










これらの法律が成立するといよいよ日本は完全に戦時独裁体制へ突入ですね。
政府や権力が機密、秘密を盾に推し進める政治や行政はいつの歴史でもどこの世界でも独裁権力体制維持と侵略戦争政策しかないことは国家の歴史、戦争の歴史のすべてに共通しています。
ぼくたちの自由はついに死んでしまうのでしょうね。悔しいですね。
できることなら最低最悪の権力者どもを全員フクシマの放射能汚染水の中へ投げ込んでやりたいと思います。
因果応報
全体的に悲観的なトーンですが、確かに可能性としては高いし、きな臭いですよね。
米国の意のままに操られる軍事政権への道も、さもありなんという感じです。

しかし、現政権を選択したのは我我国民ですからね。
何を言ってみても天に唾を吐いているようなもの。
本当に悲観シナリオ通りに事が運んでしまったら、私は迷わず国を捨てます。

さて、その時はどこに行こうかな。
あんまり寒いのは嫌だし、暑くて変な虫に刺されるのも嫌だし、やっぱり穏やかな内海のそばがいいなあ。。。

と、それはそれで余生の楽しみってものですよ。
何か。。。
変な方向に進んでいますね。訳のわからない株高といい
数値を誤魔化して無理やり消費税を増税。
今度は共産主義のような法案。
マイナンバー制。。。。生活も全て見張られている。
恐ろしい国。恐ろしい政治。なんら露、中、シリア
と変わらなくなってきましたね。
でもこれは求心力のなくなって来た米の指示なんでしょうね。
情けないな。。。


政府は17日、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ「特定秘密保護法案」に、国民の「知る権利」や報道の自由の尊重について明記する方向で検討に入った
偽装スパイ防止法案
これは似非スパイ防止法案です。外国人による機密情報取得への罰則がありません。これでは中国も韓国もアメリカもロシアもスパイし放題です。この法案の主眼はTPPの交渉内容を隠匿するためだと思われます。

一つ売国が進みます…
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11707939430.html
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム