闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

イスラム過激派によるケニア・テロ

2013年09月27日

イスラム過激派によるケニア・テロ


 本日(9月27日)は、予定していた「ある事件」に関する話題が、午前零時の更新時間直前になっても最終確認が取れなかったため、一旦「ボツ」にしました。急遽この話題にしたため、大変更新が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。

 以下本文です。

 9月21日に発生したイスラム過激派によるケニア商業施設に対するテロ攻撃は、制圧されたものの一般市民を含む60名以上の犠牲者が出ました。
 
 ソマリアのイスラム過激派・アルシャバブが犯行声明を出しており、ケニア軍のソマリア侵攻に対する報復のようです。

 ところがアルシャバブは、ソマリア特産の安価な砂糖を大量にケニアに密輸して資金を稼いでいるようです。これは本年初めに多数の日本人を含む犠牲者が出たテロを起こしたアルジェリアのイスラム過激派が、麻薬やたばこの密輸で資金を稼いでいたのと同様です。

 つまりイスラム原理主義の過激派というより、「シノギを確保するために暴れるギャング」に近いことになります。

 さらに制圧されたテロ集団の中に、英国人のイスラム教徒(女性)が含まれていた可能性があり、騒ぎが大きなっています。自爆死したイスラム教徒の妻で、イスラム教に改宗していたようです。

 イスラム教とは、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者・ムハンマドを通じて下したクルアーン(コーラン)の教えを絶対とする宗教です。またユダヤ教やキリスト教と同根の一神教です。

 ところがムハンマドは632年に死んでおり、ムハンマドは最後の預言者(神の言葉を聞ける者)なので、その後1400年近く「誰も神の教えを聞いていない」ことになります。
 
 イスラム過激派は、その神の教えを「勝手に都合良く」拡大解釈して大義名分としている可能性があります。例えば神に殉教した者は直ちに天国に行けるなどは、自爆テロが続く原因になってしまっています。

 イスラム教徒にとっては、650年頃に編集されたクルアーン(コーラン)が神の教えのすべてです。全てのイスラム教徒はその教えに従い、日に5回の礼拝、年に1月のラマダン(絶食、ただし日が沈めば食べてよい)、喜捨(寄付、同じイスラム教徒への施し)、そして一生に一回のメッカ巡礼を行います。

 しかしイスラム教徒は、全てを神のためにささげる生活をしながら、特に神から恩恵を受けているわけではありません。唯一、最後の審判の日に(それもいつなのかは特定されていません)天国に行けるというだけなのです。

 そのイスラム教徒が全世界に16億人いるとされ、さらに猛烈な勢いで増え続けています。本誌のような凡人には、全く理解ができません。

 つまり今回のケニア・テロとは、驚異的な勢いで拡大するイスラム教のエネルギーが、「シノギを確保するために暴れるギャング」の大義名分に使われ、そこにイスラム教と遠いはずの英国人までが完全に取りこまれていたことになります。

 今後も全世界で同様の事件が増えてくるような気がします。

 イスラム過激派のテロ活動と決して関連づけているのではないのですが、日本に正式に滞在するイスラム教徒は10万人といわれており、そこに結婚等で改宗した日本人(主に女性)が1万人含まれています。また日本全国ではモスク(神への祈りをささげる場所)が急増しており、現在では70か所をこえています。また最近はスーパーで「ハラル」食品をみかけることもあります。

 決して否定的に書いているわけではないのですが、日本にとって「イスラムは別世界」といえなくなる時代が来そうな気がします。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
闇株新聞主宰者とその他の野村監督信者さんへ
闇株新聞主宰者とその他の野村監督信者さんへ

私は、ノムさんの土台作り論は支持できない。

ノムさんの後を受けた星野さんが、チームを勝たせてきたのは、むしろ逆で“反動の力”だと思っている。つまり星野監督は、2度とも、ノムさんの推し進めてきた野球を反面教師としてチームの空気を根本から一変させているのだ。 

阪神時代、ノムさんはデータを重視したが、それを使いこなせない選手に対しての“ボヤキ”は、チームにどんよりとした暗い空気を漂わせていた。バトンを受けた星野監督は、まず大胆に選手を入れ替えた。FA補強で、金本知憲を獲得するなど、チームに新しい芯を作った。ノムさんに干されていた今岡誠も復活。チームカラーを一変させたのである。

楽天時代のノムさんは、阪神時代とは違い、最後は、ほとんどミーティングに参加せず、得意の配球術を懇切丁寧に伝授するわけでもなかった。だが、ボヤキと、「勝てば私の手柄、負ければ選手の責任」という論理だけは健在で、一部選手の反感を買っていた。例えば、マー君を「個別ミーティングするから」と呼び出したはいいが、その場にはノムさんを追ったテレビカメラが用意されているなど「勝てば私の手柄」というパフォーマンスが、あまりに過ぎて、チームの空気は、また淀んだ。

自主性を重んじたブラウン監督の1年間が間に挟まれていたが、星野監督は、楽天の監督に就任すると、やはりチームに蔓延っていた“淀んだ空気”の一掃から始めた。ただ、阪神の監督時代と、少し違ったのは、人を大胆に入れ替えるのではなく、コーチとのタッグで時間をかけて、生え抜きの若い投手、若い野手を根気強く育てようと心掛けたこと。初年度には、松井稼頭央、岩村明憲というメジャーから2人を凱旋させるという大胆な補強は行なった。だが、楽天の球団経営の体質上、中日、阪神時代のような、ドンと、お金を使った刺激的な補強はなかなかできなかった。そこでチーム作りの方向を転換。まさに3年、4年先を見据えた長期ビジョンでのチーム変革に着手したのである。

昨年のシーズンオフには、旧知の北京五輪監督時代のスコアラーだった三宅博氏に「2年かけて、なんとかピッチャーを形にした。今度はバッター。球団も、お金をかけることを約束してくれた。大物を2人取って打線に軸を作る。今年は勝負する」と本音を漏らしていた。

まさに、そのプラン通りに球団のバックアップを受け、ジョーンズ、マギーという大物2人を補強。この2人に若い左打者が刺激を受けて打線は点かた線に生まれ変わって、脈々と血が通い出した。

星野監督が名将と言われる所以は、こういうチームを強くするためのスタイルをしっかりと持っている部分にある。

中日、阪神時代には、阿吽の呼吸で、グラウンド内のことは任せておけた故・島野育夫コーチがいたが、楽天には、その島野さんがいなかった。そういう面で苦労はしたのだろうが、少しソフトに形を変えながらも、チーム作りに関する本来の星野イズムは貫き、戦闘集団を作ったのは見事である。

ノムさんが土台を作って、星野さんが“いいどこ取りをした”という論調があるならば、それは少し間違っていると思う
みずほ業務改善命令
提携ローンなんて金出す側は顧客の名前チェックなんかしてません。金だけ出してあとは全部、保証会社任せ。
融資金が反社会勢力に回っていたとしたなら、指摘すべきはみずほ一社で済まないはずと思うのですが…。芋づる式に出てくる可能性ありです。
イスラム教との付き合い方
日本はイスラム穏健派諸国と経済でWinWinの関係を築き、対中国牽制にも使う。

進んでは、それらを通してイスラム教の改革、近代化、世俗化も促進する。

日本のイスラム教との付き合い方は、概ねこう在るべきだ。
世俗化については非常に微妙な問題である。
それがいかに対応に慎重を要するかは、パフレビ王朝の崩壊とその後のイラン情勢という失敗例を挙げるまでもなく、エルドアンの最近の変化など現実の問題でもある。
その意味で、私が注目しているのは、モルシ政権の崩壊である。現在は軍部が政権を掌握しているが、これをスムーズに民政移行できるか、また、その結果、どのような政権が出来るのか、非常に興味深い。
いずれにせよ、彼らに我々の常識である政経分離を単純に押し付けても混乱するだけである。
「ある事件」の記事化はされないんでしょうか?
「ある事件」とはどの事件なのかがきになります
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム