闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

不思議な「みずほ銀行」

2013年10月02日

不思議な「みずほ銀行」


 本日は「消費税、来年4月から正式に8%へ」を書く予定だったのですが、夕方の安倍首相の記者会見から「結局、もしや?と期待させただけ」だったことがよくわかりました。

 言いたいことも「山ほど」あるのですが、所詮は後の祭りなので、話題を「もう少し興味あるもの」に変更しました。

 9月27日に、みずほ銀行が「金融庁による行政処分について」とのニュースリリースを出しました。一部提携ローンにおける反社会勢力との取引に関して、金融庁から業務改善命令を受けたとあります。

 わかりやすいように、ポイントを整理します。

A 「一部提携ローンにおける反社会勢力との取引」とは、みずほ銀行がグループ内のオリエントコーポレーション(オリコ)などの信販会社を通じて、反社会勢力(つまり暴力団員)に230件以上、総額で2億円以上の自動車ローンなどを実行していたことを指します。

B 金融庁から業務改善命令を受けた直接の理由は、この問題がみずほ銀行内で把握されたあとも、2年以上にわたって取引を解消しなかったためです。みずほ銀行内で問題が把握されたあとも、2年以上も取引を解消せずに放置していたようです。

C そして業務改善命令の内容は、「法令等順守態勢および経営管理態勢を抜本的に見直し、充実・強化すること」ですが、最も重要な命令は「問題発生時以降現在に至るまでの経営責任の所在の明確化」です。なぜならこれだけが具体的に命令され、後は抽象的なことばかりだからです。

D これをうけて佐藤康博頭取が9月29日夜の記者会見で、「反社会勢力との取引が重大な問題との認識が欠けていた」と述べ、当時の担当役員や関係者を厳しく処分する方針を明らかにしました。また佐藤頭取も「報酬の一部返上」で自らの責任を示すと述べました。

E 補足説明ですが、みずほ銀行は本年7月1日に「旧みずほ銀行」と「みずほコーポレート銀行」が合併して発足しました。もともと「みずほ」とは富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行の3行が2002年4月に合併したものですが、みずほコーポレート銀行は旧日本興業銀行の出身者がそのまま中枢を占めていました。

 佐藤康博頭取は日本興業銀行の出身で2009年にみずほコーポレート銀行頭取となり、2011年に東日本大震災直後の義援金振り込みで大規模なシステムトラブルを引き起こした責任をとった塚本隆史みずほフィナンシャルグループ(持ち株会社)取締役社長(第一勧業銀行出身)の後を受けて同社社長を兼任し、本年7月に新生「みずほ銀行」発足に伴い頭取(つまり1トップ)に就任しました。

 非常に説明が長くなったのですが、これは日本興業銀行がみずほ銀行を(システムトラブルという大不祥事をきっかけに)完全制覇したことを意味します。合併の直接の原因となったからで、(あまり気にする必要はないかもしれませんが)存続会社はみずほコーポレート銀行で、登記住所も旧日本興業銀行ビルになっています。

 もともと日本の産業金融を支えてきたという自負のある日本興業銀行が、普通銀行に過ぎない富士銀行や第一勧業銀行と「同僚になる」こと自体が面白くなかったはずです。

 そこへ「降ってわいた今回の不祥事」が、どのように関係してくるのかは不明ですが、少なくとも金融庁の業務改善命令に「はっきりと」書かれている「問題発生時以降現在に至るまでの経営責任を明確化」により、「当時の担当役員や関係者を厳しく処分する」(佐藤頭取)こととなり、一層の佐藤体制(あるいは旧日本興業銀行支配)が強化されることだけは間違いありません。

 一部提携ローンが反社会勢力にも融資していたことを、当時から現在までの担当役員、あるいは「それ以上の経営トップ」がどの程度認識していたのかはわかりません。

 でも担当役員は把握しており「それ以上のトップ」は知らなかったことになっているので、それが「事実」となり粛々と処分が行われるのです。

 またそれが新生「みずほ銀行」発足直後に、突然発覚するというのも「できすぎている」気がするのですが、これは単なる邪推です。

 そういえばドラマ「半沢直樹」では、金融庁の検査官に「疎開資料」の隠し場所を、社内の対抗勢力を破滅させるために「嬉々として」教えるシーンがありましたね?


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
日刊ゲンダイでは旧富士VS旧一勧説 
>夕方の安倍首相の記者会見から「結局、もしや?と期待させただけ」だったことがよくわかりました。

財務省に楯突くと逮捕されちゃうんだから、まして安倍ちゃんの胆力では土台無理な話。

せめてもの罪滅ぼしにアベノミクス成長戦略で挽回して欲しいものだが、消費増税対策としてパワーアップした竹中さんが、米国益>国益モードの規制緩和を強引に進める。

総じて、今回の毒が回り経済ガタガタ、安倍政権は十中八九、来夏に倒れるでしょう。
この銀行は韓国の銀行に4~500億円程
カネを貸したので、何でだろうと?思ってたが
今回の、みづほの暴力団と通通事件でも この反社会勢力が、そこに絡んでる様な
気がしますね!
つまり 双方から、べら棒な口銭とか
銀行員が その反社会勢力からのキックバックですね・・
私はそ~踏んでますが
遅れ目立つ日本の資金洗浄対策 (ロイター)
反社に海外は敏感 国内は鈍感。
なんとかならないもんでしょうかね?
反社でない確認書にサインだけで取引
米国みたいにいまだ凍結する力もないようですから
他のメガバンク傘下のプロミスとかアコムの借り手に反社はないのかな?銀行の金が流れているという意味では同じような気がするが。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム