闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

不思議な「みずほ銀行」の第2幕

2013年10月10日

不思議な「みずほ銀行」の第2幕


 昨日(10月8日)夕方に、みずほ銀行の佐藤頭取がオリエントコーポレーションを通じて反社会勢力に融資していた問題で初めて記者会見し、当時の西堀利(さとる)頭取にも取引が報告されていたことを明らかにしました。

 10月2日付け「不思議なみずほ銀行」に詳しく書いたのですが、9月27日にこの件に関して金融庁から業務改善命令を受けたみずほ銀行は、当時の担当役員や関係者を厳しく処分すると発表していました。

 問題とされた反社会勢力に融資された金額は230件で2億円に上り、みずほ銀行内で問題が認識された2010年12月から2年以上も放置されていたことが「特に」問題とされていました。

 しかし本年3月に終了した金融庁検査で発覚し、9月27日に業務改善命令が出たということは、「そこで完全に終わっていた問題」だったはずです。

 みずほ銀行が「うまく説明した」のか、金融庁が「見落とした」のか、あるいは「高度の判断で落としどころにした」のかはわかりませんが、「あくまでも担当役員レベルが情報を握り潰し、トップを含めた銀行ぐるみの事件ではなかった」ということになったのです。

 銀行員の習性からして、自分よりも上の人間に相談せず(リスクヘッジせず)独断で行動することは「絶対に」ありません。まあドラマ半沢直樹に出てきたように「私は知らないよ。君の判断だからね」ということはあるかもしれませんがね。

 また「現時点で存在している」大銀行のトップが、金融庁に問題を正確に説明しないことも非常に考えにくいことです。UFJ銀行のように「お取り潰し」にされてしまうからです。

 ここで、みずほ銀行の歴史を振り返っておきましょう。

 みずほ銀行は、2002年4月に富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行が合併して誕生したのですが、その直後に大規模なシステムトラブルが発生し、基本システムが第一勧業銀行のものだったため第一勧業銀行出身者の勢力が衰えてしまいました。

 さらに2011年の東日本大震災直後に再度大規模なシステムトラブルが発生したため、西堀利頭取(直接の責任を取って退任)をはじめ富士銀行出身者の勢力も衰えてしまいました。

 この影響もあり7月1日付けで旧みずほ銀行とみずほコーポレート銀行が合併して、日本興業銀行出身の佐藤康博頭取がみずほFG(持ち株会社)と新生みずほ銀行のトップを兼ねる1トップ体制が確立し、さらに本件の処分でますます佐藤頭取を中心とする日本興業銀行出身者の支配体制が「強化」されるはずでした。

 つまり、みずほ銀行は2回の大規模なシステムトラブルと今回の業務改善命令を受けて、合併以来11年以上の「大変なエネルギーをかけた旧3行の暗闘」にケリがつき、ようやく日本興業出身者による支配体制ができあがった「はず」だったのです。

 繰り返しですが、9月27日の業務改善命令で「完全に終わっていた問題」だったのです。それが今回、全く説明が違っており歴代を含むトップが認識していたという「証拠」が出てきてしまったのでしょう。

 「完全に終わっていた問題」で、全く説明が違っていたことになる「証拠」が、自然に出てくるはずがありません。

 誰かが「明確な意思をもって」金融庁に提出したはずです。

 とりあえずは2011年に(2回目の大規模システムトラブルの責任を取って退任している)西堀利頭取(当時)に報告が上がっていた「こと」にしているのですが、佐藤頭取も出席していた取締役会に提出されていた書類に「事実」が記載されていたことも明らかになっており、一転して佐藤頭取にも責任が及ぶことになりそうです。

 このようなときは、「単純な見落とし」でも「高度な判断の落としどころ」でも、どちらにしても金融庁が批判される恐れが出てくるので、格段に厳しい態度に転じるものです。歴史的には(大蔵省時代を含めて)そこから問題が大きくなった前例がたくさんあるのです。

 みずほ銀行というよりも日本興業銀行出身者の前に「暗雲が立ち込めて」きたようです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
銀行界の再編なんかには発展しないのでしょうかね?
内部告発合戦で解体でいいんじゃないしょうか?
でこの解体支持の黒幕はどこなんでしょうね?
これを機に委員会設置会社に意向させて、内部監査機能強化と合併でダブついた役員整理を達成させちゃうんじゃないですかね。オリンパスの時に似てますが。

個人的には別の案を持っており、裏で動いているところですが。。。
まさに「事実は小説より奇なり」を地で行ってますね。
切られたトカゲの尻尾が暴れたのでしょうか?
執拗に反社会勢力が銀行界に
入り込んで居るんでしょうね!

小さな、取るに足らない処から
巧妙に入り込むんでしょうか。
反社会勢力に 二億っていってんなら
それは数百億でしょうね・・
政府は殲滅を考えるべきですね・・
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム