闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

みずほ銀行の「命運」

2013年10月11日

みずほ銀行の「命運」


 昨日付けで「不思議なみずほ銀行の第2幕」を書いたのですが、書き足りないので続編です。表題から「不思議な」が取れているのは、ここからは現実的な問題が展開されていくからです。

 みずほ銀行がグループ企業のオリエントコーポレーションを通じて反社会勢力に融資していた問題は、みずほ銀行の歴代を含むトップが認識しておらず組織的な問題ではないとして、金融庁が9月27日に業務改善命令を出していました。

 ここで世間が知るところとなったのですが、同時に「問題の終結」でもあったはずです。銀行の体質からトップが全く認識していないことなどはありえず、金融庁がそのような説明で納得していたとも思えないのですが、とにかく「不思議な決着」で終わっていたのです。

 ところがどこからか(もちろん内部から)、そうではない「証拠」が出てきたようです。

 このようなときには問題が非常に大きくなります。見落としていたにせよ、手心を加えていたにせよ、金融庁自身が批判の対象になるからです。ここからは「不思議な決着」はありえず、みずほ銀行を「徹底的に追い詰める」ことになるはずです。

 銀行行政ではなく証券行政の話ですが、1990年代の損失補てんや「飛ばし」は、(当時の)大蔵省証券局が「各証券会社から報告を受けていて黙認していた」のですが、その事実を野村證券の田淵義久社長(当時、直後に辞任)がつい「口にした」ため、現在に至るまで野村證券は当局の「目の仇」にされており、大型の「飛ばし」を抱えていた山一證券は、一夜にして(証拠隠滅のため)無理やり債務超過ではないとして自主廃業となったのです。

 現在は金融庁となっていますが、「見落としていた」としても「手心を加えていた」としても、「事実」が表に出そうになったときが「最も問題が大きくなる」のです。

 金融庁は大慌てで10月9日になって「事実関係報告命令」を出しました。みずほ銀行も外部の弁護士などからなる第三者委員会を設置したのですが、そのメンバーも「なあなあ」では済まされなくなってしまったはずです。

 同時にマスコミのみずほ銀行に対する攻撃も、突然に厳しくなっています。

 反社会勢力に対するグループ企業を通じた融資そのものへの「批判」も激しくなっています。この問題を容認するつもりは毛頭ないのですが、今のメガバンクはすべて傘下に信販会社や消費者金融を抱えているため、問題がもっともっと広がることになると思います。メガバンク役員の「クビ」がいくつあっても足りないことになります。

 先ほど当局がみずほ銀行を「徹底的に追い詰める」と書いたのですが、佐藤頭取ら現経営陣の「クビ」だけでは済まなくなるはずです。

 厳密に考えれば金融庁の検査で隠していた資料があった「検査忌避」となり、旧UFJ銀行はこれで経営陣が刑事告発され、増資による自己資本増強も認められず、東京三菱銀行(当時)に吸収されてしまいました。

 それでは、みずほ銀行もどこかに吸収されてしまうのでしょうか?

 可能性は低いと思いますが、全く考えられないこともありません。その場合の「受け皿」は、当局にとって優等生の三菱UFJフィナンシャル・グループしかありません。

 実はみずほ銀行には、旧富士銀行の「東京都公金取り扱い」と旧第一勧業銀行の「宝くじ取扱い」という巨大利権があるのです。日本興業銀行には「金融債」の発行ができなくなったため何も利権はありません。

 無責任な予想を書いているのではなく、みずほ銀行は「お取り潰し」になっても不思議ではないほどに事態は急展開しているのです。

 銀行と反社会勢力の歴史的な「関係」は紙面の関係で詳しく書けませんでしたが、別の機会に詳しく書くことにします。しかし世の中で信用創造と資金決済ができるのは銀行だけなので、反社会勢力に流れる資金は現金でない限りは必ず銀行から出ているのです。

 要するに「経路と自覚」だけの問題なのです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
年内合意で野村證券とくっつくでしょう。
みずほとくっつくなら某公的資金銀行かと思っていたのですが
それにしても、銀行業界が反社会的勢力と完全に縁を切る事が現実的に出来るでしょうか?
そんなに簡単な話しとは思えないのですが、
暴力団との取り引きを100パーセント禁止したら、暴力団は全員死ぬしかない。
電気、水道の契約もできず、携帯も持てない。買い物もできない、飲食も不可、代理人による契約も供給もだめ。
不動産取引は、本人確認するので、警察官ヤクザ組員と認識している人は、名義貸しを利用するしかない。
国が本気なら、ヤクザが乗っている車や着ている服を販売した業者を罰すれば良い。
誰も本気ではない。
日本政府は経済界に巧妙に付け込んで来る
反社会勢力に危機意識をもって
取り組み、殲滅を視野に
対応して貰いたいですね・・
一応ル~ルが働いてる、経済界が滅茶苦茶になりますね。
銀行そのものが反社会的組織であります。もう世界中でその認識が広まりつつあります。
このままだとどうやら、みずほの処分が甘いままに幕を引きそうなのですが?どう思いますか?ここからまだ何かあるのでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム