闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

今年のノーベル経済学賞

2013年10月16日

今年のノーベル経済学賞


 毎年この時期に書いているテーマなので、今年も続けます。

 スウェーデンの王立科学アカデミーは10月14日、2013年ノーベル経済学賞をエール大学のロバート・シラー教授ら米国人3教授に授与すると発表しました。

 3教授とも「資産価格の実証分析」における実績が受賞理由です。

 ちなみにノーベル経済学賞とは、正式名が「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」で、世界最古の中央銀行であるスウェーデン国立銀行が設立300年祝賀の一環として1968年に創設したものです。したがって賞金はノーベル財団ではなくスウェーデン国立銀行から出るのですが、金額は同じ800万クローナ(約1億2000万円)です。

 歴代の受賞者には、近代経済学の基礎理論を確立したポール・サミュエルソン(1970年受賞、FRB議長を辞退したローレンス・サマーズの叔父)、貨幣的景気循環論のフリードリヒ・ハイエク(1974年受賞)、貨幣供給量と利子率によって景気循環が決定されるとするマネタリズムのミルトン・フリードマン(1976年受賞)、オプション価格算定モデルのマイロン・ショールズ(1997年受賞、破綻したLTCMでもっと有名になりました)、最適通貨圏を提唱して「ユーロの父」と言われるロバート・マンデル(1999年受賞)などがいます。

 彼らの理論が「普遍的に正しい」のかどうかはともかくとしても、世界的に著名な経済学者が名を連ねていました。

 ところが2000年以降は、少なくとも「実践に役立ちそうな経済理論」を掲げた受賞者が見当たらず、見るからに「机上の理論(空論とまではいいませんが)」ばかりのような気がしていました。

 そもそも経済学とは(本誌も専攻したのですが)「後付けの理論」であり、相場の予想や危機の回避には、あまり役に立たないものです。

 しかし本年の受賞者であるロバート・シラー氏は、久々に「実践的な」経済学者です(同時受賞の2教授のことはよく知りません)。
 
 シラー教授といえば「S&Pケース・シラー住宅価格指数」で有名で、原型は1980年代にカール・ケース教授と共に考案したものです。1991年に指数の実用化のためにケース・シラー・ワイズ社を設立し、これを2002年にファイサーブ社に売却してしっかりと「創業者利得」を得ています。ファイサーブ社は、今もS&Pにケー・シラー住宅価格指数算出のためのデータ提供を行っています。

 S&Pケース・シラー住宅価格指数は、米国全土をカバーした総合指数(四半期毎)、ニューヨーク・ロサンゼルス・シカゴ等をカバーした10大都市圏指数(毎月発表)、それにアトランタ・シアトル・タンパ等を加えた20大都市圏指数(毎月発表)などがあり、またこれら20大都市圏それぞれの指数も算出されています。

 それぞれの指数は実際の売買事例をもとに算出されるのですが、特殊要因を極力排除して純粋な住宅相場の変動をとらえるように工夫されています。
 
 米国では特に住宅市場の景気に与える影響が大きいため、経済分析にかなり重宝されています。また2006年から10大都市圏指数と、それを構成するそれぞれの都市圏指数の先物とオプションがCME(Chicago Mercantile Exchange)で取引されています。

 ちなみにS&Pケース・シラー総合指数(全米をカバー)は2000年1Qを100とするのですが、ピークが2006年2Qの189.93で、それが2009年1Qに128.94まで下落しました。

 直近の総合指数は146.32ですが、最近は10大都市権指数や20大都市圏指数の上昇に比べて出遅れが目立っています。

 思い出してみれば、金融危機のきっかけになったBNPパリバのファンド凍結が2007年8月、リーマンの破綻が2008年9月なので、その「かなり前」にケース・シラー総合指数は「天井」を付けていたことになります。

 またシラー教授は著書「根拠なき熱狂(2000年)」で株式のバブルについて警告し、第2版(2005年)では株式と住宅のバブルを指摘していました。まあ大体の学者は「同じよう考えていた」と主張するのですが、シラー教授は市場参加者の心理的要因を考える行動経済学の専門家でもあるため、かなり「理論的に警告」していたのかもしれません。

 いずれにしても、久々の「実践的な」ノーベル経済学賞・受賞者のようです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
×特殊要員
○特殊要因
一瞬ビクッと反応してしまいました、特殊エージェントかと。笑
瑣末ですがご報告しておきます。
シュガー様

ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。記事を修正させていただきました。大変失礼いたしました。

闇株新聞編集部
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム