闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」についてのお知らせ

2013年11月10日

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」についてのお知らせ


 11月11日(月曜日)の夕方に予定通り配信します。

 予定内容です。

メインテーマ 1  新たな周回に入った世界の金融緩和・通貨引き下げ競争

 11月7日にECBが利下げに踏み切りました。ユーロ圏の物価上昇率が鈍化したためといわれていますが、本音はユーロが高くなりすぎていたからです。

 FRBは既定路線だった量的緩和の縮小を9月に見送り、米国及び世界の金融市場に「新たな金融緩和」を行ったと同じ効果を与えました。その結果か、先週末に発表された米国のGDPと雇用統計は「意外に好調」だったのですが、FRB議長がイエレン氏に交代し、来年のFOMC投票メンバーの顔ぶれもかなり変わるので、そのまま量的緩和縮小の議論となるかは不透明です。

 また通貨高の豪州でも中央銀行総裁が「豪ドルは不快なほど高い」と発言しており、追加金融緩和がありそうです。

 つまり世界中が新たな周回の金融緩和(量的緩和)と通貨引き下げ競争に入った可能性があります。実体経済への影響が不透明でも、株式市場を上昇させることは間違いなく、競争に遅れるわけにはいかないからです。

 わが日銀も、(手詰まりになれば他に方法も思いつかないので)「もっと異次元」の量的緩和に踏み切ると思いますが、世界中が金融緩和と通貨引き下げ競争に入っているタイミングでは効果は限定的でしょう。

 その辺りを「冷静に」分析します。


メインテーマ 2   発表された決算から解説が必要な会社 その2

 先週の続きです。今週は以下の会社です。

 「トヨタ自動車の凄さ」「(ついでに)三菱自動車と、それに秋波を送る日産自動車」「過剰競争の結果、圧倒的な業界トップでも赤字になったヤマダ電機」「(決算時期ではないのですが)食材偽装がオンパレードで出てきた百貨店」などです。

 紙面に余裕があれば、日本マクドナルド、楽天、(これも決算時期ではないのですが)コンビニ各社を取り上げますが、たぶん次回以降になります。


お勧め「映画」または「書籍」コーナー

 どちらにするかは未定です。
 

今週の相場観

 今週の為替・株式・国債市場についてです。


質問コーナー

 いただいたご質問にお答えします。本日(11月10日)の夜までにいただいたご質問も掲載できると思いますので、どしどし送ってください。



闇株プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html


 今月(11月)に配信したメルマガのメインテーマだけご紹介しておきます。


11月5日号
メインテーマ1 急落したユーロを検証 年内の金融市場の波乱要因か?

メインテーマ2 発表された決算から解説が必要な会社


 今からお申込みいただければ、上記メルマガをバックナンバーですぐに読むことができます。
 無料購読期間がありますが今月は30日に課金されるのでご注意ください。
 
(無料購読期間は料金のお支払方法により違いますのでご注意ください。詳しくは「闇株新聞プレミアムメルマガのご案内」ページの課金システムをご覧ください。)

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 「闇株新聞プレミアム」
http://yamikabu-premium.com/index2.html

 闇株プレミアム購読料金は月額2600円です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム