闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

再び、何が起こった? Jトラスト

2013年11月12日

再び、何が起こった? Jトラスト


 本日(11月11日)、Jトラスト(東証2部上場・コード8508)がストップ安(400円安)の1210円となりました。大引け時点で400万株程度の売り注文を残しており、まだまだ下落しそうです。

 直接の理由は、先週末(11月8日)に発表された連結業績予想の下方修正です。2013年4~9月の経常利益が31億8200万円から16億6100万円に、当期純利益が25億9400万円から11億4400万円に、それぞれ大幅に下方修正となりました。

 問題は発表文に書き加えられている「その理由」です。

 「連結業績におきましては、信用保証残高が増加している一方で(中略)融資残高が期初想定を下回っていることや、親愛貯蓄銀行(本誌注・韓国の消費者金融会社で2012年10月にJトラスト・グループ入り)において債権の延滞が想定を上回って増加したことによる貸倒費用の増加等によります」となっています。

 要するにJトラスト本体ではなく、最近買収した連結対象の子会社とくに韓国の親愛貯蓄銀行の経営状況が、想定よりも「かなり」悪いということです。

 そもそもJトラストとは、破たんした会社などから債権を格安で買い取って猛烈に回収する一方で、過払い金の返還などには徹底的に抵抗するビジネスモデルで大きくなってきました。

 そのビジネスモデルが「うまくいっていない」ことになります。

 また韓国の消費者金融は日本よりも貸出利率が高く、一見「高収益ビジネス」にみえるのですが、SBIが嵌りこんだ現代スイス貯蓄銀行と同じで、Jトラストにとって親愛貯蓄銀行は「ブラックホール」になる可能性があります。

 また11月8日の発表では、2014年3月期の通期連結業績予想は、経常収益173億円、当期純利益150億円のままで据え置かれました。ところが書き加えられている「その理由」が、もっと問題です。

 長文なので要約しますと「親愛貯蓄銀行など新規に連結子会社になった会社等については、当該会社が海外に所在する場合においては現地の会計原則に従ってきましたが、平成26年3月通期決算においては貸倒引当金計上についても、当社グループの基準に統一すべく適時開示業務の体制を整えているところであります」となっています。

 つまり、特に親愛貯蓄銀行の資産内容が「本社の会計基準に直すと、どれほど悪いのか想像がつかないので通期決算予想が正確に出せません」といっているのです。同時に金融庁から指摘されたことによる措置のような気がします。

 繰り返しですが、(良いことか悪いことかの議論ではなく)Jトラストの急成長と株式市場の高評価を支えていたビジネスモデルが、実は「ガラクタ」だった可能性も出てきたのです。

 その株式市場の高評価で本年7月には、ライツイシューで976億円もの巨額資金調達を成功させています。

 そのライツイシューでは、6242万株だったJトラストの発行済み株数に対し、何と5426万株も新たに発行されました(払い込み価格は1株=1800円)。

 ライツイシューとは既存株主に新株予約権を無償で割り当て、払い込む意思のない株主には新株予約権の換金の機会が与えられるもので、「既存株主の利益が損なわれない」として当局が大変お気に入りの資金調達方法です。

 公募増資のように値決め前にヘッジファンドなどの「売り仕掛け」が入らないからのようですが、その分「何となく期待して持ち続ける株主」が増えることになり、何か悪いニュースが出ると「ビックリして大量に売り物が出る」ことになってしまいます。

 8月23日にも一時ストップ安となり、直後に1325円の安値となっていました。8月27日付け「何が起こった? Jトラスト」に書いてあります。

 本日は1210円と、その安値も下回ってしまったのですが、Jトラストの株価は昨年5月の分割直後の安値が564円です。もちろん体制は今と全く同じで、藤澤社長を先頭に同じビジネスモデルに邁進していた時期の株価です。

 ここ1年以上、株式市場は藤澤社長の手腕を「過剰評価」していたのかもしれません。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:13 | TrackBack:0
関連記事
コメント
間違っているので修正お願いします。
 [つまり、特に親愛貯蓄銀行の資産内容が「本社の会計基準に直すと、どれほど悪いのか想像がつかないので通期決算予想が正確に出せません」といっているのです。同時に金融庁から指摘されたことによる措置のような気がします。]
と書かれていますが、IRに確認したところ、こうした話ではありませんでしたので、修正お願いします。
正確には、韓国における引当金は、現地の基準で行っているが、これは個人別に信用クラスが韓国では設定されており、個別債権についてそのクラス別の引当金繰入率が一律で決められてこれで引き当てを行っていたが、この率が非常に高い。日本においては貸倒実績率で設定されるが、この日本基準にすれば、引当額が少額になり利益増額される。とのことでした。

業績予測未発表について
更に追加すると、業績未発表については、先述の引当を日本基準にすることによる利益増額と、大型なMA案件が相当進捗していることによる増額が、現時点だと確実化されてないため未発表にしたとのことで、今回の下方修正の影響以外、ネガティブな話は全くないとのことでした。また、今回の貸倒損失の発生は、韓国の一定の条件を満たした低所得者が国民幸福基金(既に解散済み)に申請をし受理されると、そこに貸し出している金融機関(=Jトラストの場合は親愛貯蓄銀行)の貸出債権を額面の8%で強制的に売却され92%が貸倒損失になるといったことを朴大統領が行った事によるものであるとのことで、もう締め切り、かつ、基金も解散したため、基本的にはこれっきりのものだそうです。(ただし、再度同じことをやったら別ですが・・・)
Jトラストは債権を格安で買ってきて取り立て利益を出すというビジネスモデルですが、以前から公言している通り、ミドルリスクローンへの貸出しは規模がないと難しく地方銀行等には対応できないため、Jトラストが地方銀行等から保証業務を請け負い、審査の代行を行うという業務(リスクの無い作業による報酬と、究極のリスクを投下資本なしでとって利益をとる利益の組み合わせ:私の個人的解釈です)をベースにしようとしています。(+韓国事業+MAによる新?事業)
げぶ 様

ご指摘のポイントは、JトラストのIR担当が問い合わせに対してそのように答えられているのかも知れません。

正式なIRとして発表していない(出来ない)段階では、あくまでも「市場の噂」の域を出ません。

ただ引き続き調査し本誌の見解をまとめ、続編を書くようにします。
>つまり、特に親愛貯蓄銀行の資産内容が「本社の会計基準に直すと、どれほど悪いのか想像がつかないので通期決算予想が正確に出せません」といっているのです。同時に金融庁から指摘されたことによる措置のような気がします。
「といっているのです」って誰が言ってるの?

業績が想像がつかないくらい悪いかもしれない事を金融庁に相談をしたら、業績予想を白紙に戻しなさいって指摘するの?金融庁が??

しかも原因が会計基準の変更。
こんなことで金融庁が業績予想の白紙化を指示するのかな?過去にそういう事例がありますか?

僕は素人なので明日金融庁に電話で聞いてみます。ソースは闇株新聞で。

うーん 様

やや説明が舌足らずなので付け加えます。

「金融庁から指摘されたことによる措置のような気がします」とあるのは、「韓国子会社の資産評価も本社の基準に統一すべきと金融庁に指摘されたような気がします」の意味です。

従って通期の業績予想が出せないのはIRにあるように「Jトラストの準備が間に合わないから」で、金融庁が業績予想の白紙化を指示することはありません。

しかし一般的には、金融庁の意にそぐわない内容は、なかなか開示させてくれないことはあるかもしれません。
返答をありがとうございます。
よくわからないのですが、海外の会計基準と日本の会計基準が違うのはよくわかりますが、金融庁が会計基準を本社の基準に統一するように指導をした事例は今までにあるのですか?また、基準を合わせた結果、業績が想像をできないくらいに悪化するなんてことはあるのですか?それは日本か韓国の会計基準に大きく問題がるように思えます。

げぶさんがIRに聞いたという記事を参考にすれば、会計基準の変更は引当金の減少効果があり利益の増額効果があると書いてあります。これが事実であればIRの発言ということになる。しかし、闇株新聞さんの意見は全くの逆、想像できないくらいの損失になり、親愛はブラックホールと表現をしています。

会計基準の細かなルールはわかりませんが、業績に対してプラスになるかマイナスになるかは専門的な知識があれば判断ができると思います。
闇株新聞さんは会計基準の変更によって想像もできないくらいの損失につながるという発言に責任は持てますよね?
うーん 様

本日(11月13日)は4~9月期の決算発表のはずです。数字自体は先日修正されているので新たなサプライズは無いはずですが、何か「説明」が加えられるかもしれませんので、それを見て記事にする予定です。

会社の正式発表のみが判断材料となるからです。

本誌の11月12日付けの記事で本当に書きたかったことは、当局推奨のライツイシューの弊害として「何か悪材料もしくは紛らわしいIR」が出る度に、大きく下がる需給関係になっていることです。
基準を変えて会計処理をやり直すと、途方も無い額で変動することは良くあります。年次比較ができない当該年の特殊要因になったりします。ゴーンさんの日産V字回復の大きな要素でもありましたよね。

日本の企業が韓国の会社を評価して決算しているって事は連結開示ですよね。その場合は、原則日本基準に置き直すか、IFRS、米国基準開示に揃えると思いますよ。それらの要因説明を企業のIR説明、鵜呑みにしちゃだめですよ。真実は数字だけ(基準をまたぐとなると、それも怪しいきえど・・・)で、そこから読まなきゃ!
決算が出ましたが内容に関しては専門的な人にお任せしましょう。

返信はありがたいのですが質問の答えになっていないので残念です。専門的な知識がないのに記事を書いていらっしゃるのですか?

私が指摘したいのは記事の内容は事実を基にしているのか筆者の主観や憶測のみの創造の産物かということです。
仮にソースがない予想をするのであれば過去の事例や経験則からの論理的な文章にしてください。

Jトラストに対しては常に批判的な内容を記事にするのは個人的な遺恨があるとしか思えません。

>つまり、特に親愛貯蓄銀行の資産内容が「本社の会計基準に直すと、どれほど悪いのか想像がつかないので通期決算予想が正確に出せません」といっているのです。

どうやってこのような断定的な結論になったんですか?


たぶん答えられないと思うので最後に

メディアは常に中立である事が信頼の証だと思えませんか?
タイムリーなので本屋で立ち読みしにいってきます♪

特集 ライツ・オファリングの研究
Jトラストのノンコミットメント型ライツ・オファリング
成長戦略なき資金調達の道具にしてはならない
東京証券取引所
週刊 金融財政事情
2013年11月11日 号(3048号)
う~ん様
「メディアは常に中立」とありますが、いくら「新聞」を名乗っているとはいえ、「闇株新聞」をメディア扱いするのはご本人に気の毒というか、あくまで個人の意見を表明しているブロガーに過ぎないのではないでしょうか?
今回の決算発表において、IRに様々な質問をしたところ、先日ここで記載した内容について、IRの方の発言が変わりましたので、報告します。
韓国の引当基準より日本の実績基準の方が厳しいそうです。よって、引当額は増額し利益は減少されるとのことでした。最初のヒアリングと回答が異なり大変残念です。
IRなんて、そんなものですよ。
同じ数字でも、比較的都合良く解釈できるように広報しますから。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム