闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ところで本誌はJトラストが嫌いなのか?

2013年11月15日

ところで本誌はJトラストが嫌いなのか?


 ここのところ、Jトラストの下方修正や決算発表を取り上げたところ、「闇株新聞はJトラストを叩いている」とか「遺恨があるのか」などと書かれていますので、つけ加えることにしました。

 全くそんな意図は持っていません。

 ただ11月8日の業績予想の下方修正IRをみて直感的に「金融庁の意思が入っている」と感じたので記事にしました。あの全く「明快でない」IRは、経験的に金融庁か取引所の指導のはずで、そのように書くしかなかったのです。

 そもそもJトラストは当局(金融庁や取引所)にとって「あまり愉快でない会社」だったはずです。そしてその「あまり愉快でない会社」がライツイシューで1000億円近くも調達してしまったので(当局が既存株主の利益を損なわないと推奨している調達方法なのでブレーキをかけることができなかった)、今度は「何とかアラを探し出して叩きたい会社」に昇格してしまったのだと思うのです。

 つまりJトラストやその株主にとって「当局に狙われ始めた」という大きなリスクが発生してしまったのです。今回の韓国事業の引き当て基準の変更も「その流れから出た注文」だと確信しています。

 そもそも韓国の金融市場で韓国人を相手に営業している親愛貯蓄銀行に対し、日本の引当金基準を適用すること自体が「無理筋」なのです。

 つまり本誌がJトラストを「叩いて」いるのではなく、「当局が叩き始めた」と警鐘を鳴らしたのです。

 Jトラストが踏んだ「虎の尾」は1000億円近くを調達したライツイシューだったはずです。当局が推奨していたライツイシューではなかったら、当時から「あまり愉快でない会社」だったJトラストに1000億円もの新株発行を認めた「はず」がないからです。

 もう少しわかりやすい例を挙げますと、以前から月間FACTAがSBI(ソフトバンク・インベストメント)の「不正」を盛んに攻撃していたのですが、SBIはいまだに何も事件化しておらず、当局からは何も攻撃されていません。現代スイス貯蓄銀行は韓国当局から攻撃されたものです。

 これはSBIがJトラストに比べて「清く正しい」という意味ではなく、SBIは当局の「虎の尾」を踏んでいないだけです。昨年9月3日付け「SBIホールディングスの問題点」にも書いてあります。

 話をJトラストに戻しますが、本誌がJトラストや藤澤社長のビジネスモデルを「潰れた会社などから債権を買い叩いて猛烈に回収する一方で、過払金の返還などには徹底的に抵抗する」と書くのは、決して批判しているからではありません。

 これも当局に「狙われやすい」理由の1つなのです。

 逆に本誌は藤澤社長のことを、大半のライブドア傘下の幹部社員が消えてしまった中で生き残って大きくなり、大阪の中堅商工ローン会社に過ぎなかったイッコー(現Jトラスト)を格安で買収して時価総額が(だいぶ減りましたが)1500億円以上の会社に仕上げた手腕を高く評価しています。

 本誌的には、某携帯電話会社の社長や、某仮想店舗運営会社の社長より、はるかに好感を持っています。

 そのJトラストと藤澤社長と株主にとって「いばらの道」が始まった可能性があります。

 繰り返しですが、本誌がJトラストを「叩いて」いるのではなく、「当局が叩き始めた」可能性を指摘しており、その影響(悪影響)は甚大なのです。

 経験も含めていろいろと書き始めるとキリがないので、この辺りで終わりにします。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
度々すみません。私も貴殿のサイトに個人的な恨みはありませんが矛盾があり納得がいかなければやはり聞いてみたい、そして真摯に答えていただけるならもっと聞いてみたいと思ってしまいます。

貴誌の主張する当局がJトラストに対して面白くない(気に入らない?)会社だという根拠がわかりません。

そもそもライツは存在すら知らないまだ新しい増資方法であったがJトラストのおかげで周知されその効果の大きさなど既存の投資家や上場企業には大きく評価されたと思います。

つまり当局に感謝をされても恨まれる理由にはならないと思います。

SBIが事件化されてもおかしくない不正をしていた事はよくわかりませんが、Jトラストも同じように事件化をされてもおかしくないような不正をしているのでしょうか?それは具体的にどのようなことでしょうか?

JトラストはJPX400の銘柄に指定されました。
当局は次世代を担う可能性があるという企業に選定をしておきながら嫌がらせをして業績を悪化させ、始まったばかりのJPX400の信用を貶めるとは思えません。だったら最初から選出しないでしょう?

個人的な意見を書けば、今後も成長を続け東証一部の鞍替えなどをしたいのであれば業績に対して信頼ある内容にするために指導が入ったというほうが良いと思います。それは韓国の現状を考えると韓国の貸し倒れ基準ではなく日本の貸し倒れ基準(日本の方が厳しいはず)にしなさいという指導のほうが合理性はありませんか?

当局というのは気に入らない企業を潰す組織なんですか?

債権回収なんて誰がやっても損な役回りだと思います。銀行が法律を駆使して血も涙もない債権回収をしたとしてそれに問題があるとは思えません。サービサー事業で一流の企業があっても何が問題なのか全くわかりませんね。

債務者が善、債権者が悪という構図そのものがそもそも間違っていると思いますね。過払いを利用して濡れ手で粟の行政書士の方が悪質だとは思いませんか?

この数年間Jトラストに対しては常に批判記事を書いていたと思いますが、今になって当局がJトラストを潰そうとしているだけで弊誌は応援をしていますという主張は無理があると思いますけどね。

闇といえば楽天でしょう。あの企業の闇を記事にしてみてはいかがですか?
あなたの考えは、あなたの考えで主張すれば良し。闇株氏は、闇株氏の主張をすれば良し。
それをみて、考えるのは個人。
闇株は、もう2年ほど読んでるが数年間Jトラストの事を批判してるとか、ライツの時に初めてみた記憶しかない??
いつも楽しく拝読しております。
>某携帯電話会社の社長や、某仮想店舗運営会社の社長
このあたりのお話も今後の記事で取り上げて頂けると嬉しいですね。

あと、「池袋にある某携帯電話等販売会社」および同社の会長様についても貴紙がお持ちの情報を書いて頂けると嬉しいです。
大のマスコミ嫌いの性格からか、会長様に関する情報は一般には殆ど出てきませんので、大変関心があります。
Jトラストに闇株新聞の内容を問い合わせてみます。風説の流布だと思います。

東証にも通知します。
私は全ての上場会社が信用出来ます。
何故なら金融庁および取引所が犯罪を抑止してくれており、監査法人が決算書を保証するからです。
尚、発表されるIR(広報活動)全て信頼されるものです。

こんな奴おらんでしょ。
法律に犯罪抑止効果はあっても未然に見つけることはそういう事を管轄する所が見逃すと機能しないのだから。
こと上場会社の決算書の内容についてグレーな箇所なんてやれ白だの黒だの事実無根だからソースだせとか頭お花畑ですかと言いたいですね。
何にせよ決算書やIRに秘匿がありそうですよと想像を働かせて記事にして飯のタネにしているのでしょ。
関連する記事で騒いでる方々ってJトラで大損ぶっこいて八つ当たりしたいんでしょうな。
闇株新聞さんの懐の深さを・・・。
闇株さんの記事に対する主義を理解されてるんでしゃろか?
「風説の流布・・・」?
「東証に報告・・・」?
「監査法人・・・」?

あまりに表向きの事ばかりに囚われてる方はこの新聞(闇ですねん!)を読まんときゃよろし!

わては、今後も記事が読めることを希望しております。
いつも楽しく読んでいますが・・・・・
私は文字どうり闇株であるこの世界を歩いてきた氏のブログが参考になるし、推測を外したら外したで面白いので読んでいるのですが、この御題でのコメントは興がそがれますね。場違いな方々は広義に利害関係筋か、コメントの本人の頭がお花畑なのでしょうか。誰のブログかわかってもこんなこと言うかな?僭越ながらあまり読者の邪魔になるコメントはお控えください。ここはあくまで闇株新聞です。
説明会
説明会でもこちらの記事の件取上げられました。
社長さんも闇株新聞の「愛読者」のようでなによりでした。
これからも「叱咤激励」記事をお願いします♪
Jトラストの決算説明会で闇株新聞の間違いを藤澤社長が指摘してたぞ。
名指しで指摘だ。
韓国の不良債権
韓国大統領による反日暴走中のさなか
SBIが昨日、子会社韓国銀行の増資引受の
IRだしてましたが
通貨スワップ協定やら不良債権やら関わると色々やっかいですな
子会社に対する訴訟の判決に関するお知らせ
Jトラスト子会社のクレディア敗訴。支払額は54.6億と年6%の遅延損害金。控訴予定。

結構大きいですな
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム