闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

FRBの量的緩和・日銀の量的緩和  その1

2013年12月26日

FRBの量的緩和・日銀の量的緩和  その1


 12月18日にFRBは、毎月400億ドル買い入れているMBSと、同じく450億ドル買い入れている(主に)長期国債を、来年1月から50億ドルずつ縮小すると発表しました。

 同時にバーナンキ議長は、今後の縮小ペースは雇用データなどを参考にして決定するが、量的緩和が縮小あるいは終了しても、現在の実質ゼロ金利は十分な時間が経過するまで続けると明言しました。

 つまり量的緩和の縮小あるいは終了と、現在の超緩和的な金融政策の変更を「巧みに切り離してしまった」ことになり、金融市場は「量的緩和を縮小してもよいほど経済が回復しているが、超緩和的な金融政策はまだまだ維持される」と受け止めたようです。

 実際に米国の実質GDPは、QE3が始まった(MBSの買入れだけ先行した)2012年9月以降、2012年10~12月期の0.1%から、2013年1~3月期の1.1%、4~6月期の2.5%、7~9月期の4.1%(12月20日に2度目の上方修正)と、きれいに上昇しています。

 5~6月にバーナンキ議長が最初に量的緩和縮小を示唆したときは、米国が金融引き締めに転じると世界中が受け止めてしまい、米国だけではなく世界の株安と中国をはじめとする新興国経済の急減速を招いてしまいました。

 また5月初めに1.6%まで低下していた10年国債利回りが、9月上旬には3.0%まで上昇してしまい、住宅ローン金利を含む長期金利の上昇は米国経済を減速させてしまうとの配慮から、FRBは9月のFOMCで確定的と思われていた量的緩和縮小を見送らざるを得ませんでした。

 そこで今回は「量的緩和の縮小は金融引き締めではない」と強調し、実際に5~6月に比べて経済がはるかに回復しているなかで「超緩和的な金融政策を当面続ける」と付け加えました。NY株式にとって「サービス満点」で、昨日(12月24日)の終値は16357ドルと史上最高値を更新しています。

 また同日の10年国債利回りが2.98%と、9月初旬の本年最高利回り(実際は2011年7月以降の最高利回り)の3.0%にほぼ並んだのですが、これも「米国経済が急回復しているのだから当然ではないか?」と、全く気にされていないようです。

 つまりFRBにとっては、このまま2014年後半にかけて「何の混乱も起こさずに」さらには「加速している米国経済やNY株式に適度なブレーキをかけながら」量的緩和を終了させることができるはずです。

 バーナンキ議長は「QE3の終了まで道筋をつけて」退任するのです。

 当面の米国経済は(少なくとも)回復に急ブレーキがかかることはなく、NY株式は(イエレン新議長が現在の超緩和的な金融政策を変更しない限り=当面は考えられません)相当期間上昇を続け、長期金利(10年国債利回り)はもう少し上昇するものの経済やNY株式にブレーキをかけることなく、非常に良好なバランスが続くと思われます。

 それでは2014年のFRBは、バーナンキ議長のつけた道筋を辿るだけなのでしょうか?

 そうでもないようです。

 バーナンキ議長後のFRBの「顔」は、イエレン新議長ではなく、就任が確定的なスタンレー・フィッシャー副議長になるようです。

 フィッシャー氏は、元イスラエル中央銀行総裁(米国とイスラエルの2重国籍)で、バーナンキ議長やドラギECB総裁は「教え子」にあたる大物です。まさに1979年以降ボルカー、グリーンスパン、バーナンキと3名しかいないFRBの「顔」を引き継げる大物です。

 イエレン新議長は(まだ議会承認が終わっていませんが来年早々に承認されます)、何かと手詰まりのオバマ大統領が「女性」「ハト派」「政治色が強くなく味方に引き入れられる」のキーワードから指名したのですが、短命に終わりフィッシャー氏に交代する可能性があります。

 そのフィッシャー氏は、あくまでの一般論としてですが「中央銀行の金融政策とは、長期間同一方向に向かうと市場から認識されることは、金融政策の効果を限定させることになり好ましくない」と発言しています。

 安倍首相や黒田日銀総裁に「聞かせてあげたい」発言です。

 その日本経済と、日銀の金融政策と、日本の金融市場については、また書きます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム