闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

金融緩和と量的緩和は全く違う 「金融抑圧」は回避すべき その3

2014年01月09日

金融緩和と量的緩和は全く違う 「金融抑圧」は回避すべき その3


 今年になってから「金融抑圧」ばかりですが、コメントもいただいているようにまだまだ説明不足ですので、もう1回だけ続けます。

 現在の日銀の金融政策が「金融抑圧」だとして、為替や株式市場に与える影響を中心に考えます。

 まず円相場ですが、日本での投資収益が国債利回りを基準として全体的に低く抑えられるため、資本流出に伴う「円安」であることは間違いなさそうです。逆にいうと「円高」になる材料が見当たりません。

 一方で株式市場は、日本での投資収益が全体的に引く抑えられるため、株式の配当利回りや益回りが相対的に魅力あるものとなり「どちらかといえばプラス要因」となります。昨年末(12月30日)現在の東証1部全銘柄の加重平均配当利回りは1.67%もあり、予想益回りは5.82%もあります。同日の10年国債利回りは0.735%でした。

 それに加えて東証1部や日経平均採用銘柄は日本を代表する企業であり、外部負債コストの引き下げや「円安」などの「金融抑圧」のメリットを享受できる企業も多く、株式市場だけが日本経済全体の実感から遊離して好調となるはずです。

 つまり日本経済全体の低迷が認識されてきても、株安になるとは限りません。

 また昨日の記事で「巨額の金利収入が国民から政府に移転する」とはどういうことか?とのコメントをいただいています。これは国債利回りが低く抑えられれば、政府が国民に本来支払うべき利回り(利息)が不当に安く抑えられ、結果的に国民が巨額の利息収入を失うことになります。

 目にみえる形で国民から徴収するわけではないのですが、増税と同じ効果となります。

 もっとも銀行は以前から国民の預金で巨額の国債を買い入れ、そうでなくても低い国債からの金利収入の「大半」をピンハネしているので、国民は増税だけではなく銀行に対する補助金まで支払わされていることになります。

 さらに新たに発行される2~40年国債の7割を日銀が購入し、国債利回りが不当に低く抑えられることによって、どうしても財政の歯止めがなくなってしまう問題もあります。公共投資など「本来ではコストの合わない低採算事業」がますます政府主導で行われる弊害も出てきます。

 BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は、早くから「金融抑圧」の弊害について述べられていますが、河野氏が最も懸念されているのが国債市場の機能低下のようです。国債市場の流動性が枯渇し、将来的に長期金利が跳ね上がるリスクを指摘されています。

 本誌が最も懸念するのは、一度始めた「金融抑圧」つまり日銀の異次元・国債買入れは簡単にやめられず、どんどん強化していかなければならないことです。年内の追加量的緩和は避けられず、しかも長期国債の買入れを増やす必要があるはずです。

 つまり確かに国債市場の機能低下は進みますが、国債利回りが上昇する可能性は「ほとんど」ありません。「金融抑圧」はますます日本経済全体を低迷させるため、長期金利が本格的に上昇するほど経済活動が活発になることは考えられないからです。

 重要なことなので繰り返しますが、金融緩和とは政策金利(短期の基準金利)を低く維持することによって経済活動を活発化させるものですが、量的緩和とは「金融抑圧」によって経済活動を低迷させることになり、全く意味が違います。

 元大蔵官僚の黒田総裁は、従来の白川総裁時代の金融緩和を100%変更して「異次元」量的緩和に切り替えました。その結果、劇的な円安と株高となりました。

 そのご利益(りやく)は当面続き、「金融抑圧」の弊害が市場に認識されることも当面はないはずです。

 安倍内閣の最優先課題が株式市場であり(株が上昇すれば日本経済全体が回復していると信じ込んでいます)、黒田日銀総裁の最優先課題が国債利回りの低下(つまり金融抑圧)である以上、当面は「国債利回り低下」「円安」「株価堅調」となるはずです。

 ようやく考えがまとまったので、明日からは別の話題です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
関連記事
コメント
お礼と提案
1、金融テーマ・その3で多くの霧が払われ、お礼を申し上げます。胸の閊えがとれた気分な。2、さて、私にとって近年の大きな関心事は、日本国債の行方です。欧米の借財も気になりますが、それはさておき、日本国に的を絞り分析・解明をお願いしたいと。書店の店頭に行けば、「金儲け」の為の「危機煽り本」は多々あるのですが、もっと真面目に、日本の将来に向き合った著作に出会っていません。このような願いを託せるのは、貴誌のみと判断。気長に待ちますので、よろしくお願い致します。3、日本国債について・・・既に発行残高が1000兆円もあり、毎年約40兆円もの借金を重ねて、いつになったら、何が起これば、どうやって返済できるのか?。国債の大半は国民の資産が原資だから、心配ないというのも当てにならない。発行紙幣が2倍になれば、残高は500兆円になるというのも信じ難い。ではどうすれば・・・となる。(貴誌の過去の論説で既に解明している場合は、その年月日をアップしてください)4、恐縮ながら、貴誌の書き方で提案。できるだけ、一つの命題・主張について箇条書きで3~5項くらいで分析し、最後に「したがって、・・・である」と結論を書いていただければ、私のような者にも理解しやすいと思う。悪しからず宜しく。
 文中でBNPパリバ証券の河野龍太郎氏が「呼び捨て」になっておりましたので、訂正させていただきました。
ご本人には(見ておられないと思いますが)不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。

 なお取ってつけたわけではありませんが河野氏は、本誌が信用している数少ないエコノミストです。

原発
原発再稼働は円高要因にならないのでしょうか。
日本中総楽観ですね。きけんてす。
日銀はどんどん国債を買え
量的緩和の弊害よりも、もっと日銀は国債買って日本政府の借金を消し去れ!
日銀が日本の信用で通貨を発行し、代わりの対価として国債を買うという副作用は
、アベノミクスで無害と証明した もっと沢山国債を買え そうしたら、日本政府の借金も減り財務省の増税原理主義をぶっ壊す手だてになるからだ。
逃げた方がよさそう
あーこりゃ逃げた方が良さそうですね。期待だけで上げてますし。そもそも日経8000円(民主党時代)が16000円はPERが倍にならないとつじつま会いませんが、アベノミクスと円安ではそこまで効果ないですね。
ん?、民主党時代以前のPERは加味しないの?
まあ、消費増税が強烈な株安圧力だからいつ機関投資家が逃げるかでしょうけど・・・
いずれにしても、国の債務は返済しなければならないので、高い金利を
支払うために増税するよりも、増税を抑えて低い金利を支払う方が景気回復のためにも現実的だと思います。長期に緩和をすればバブル化する怖れがあるので長期の緩和は無いでしょう。私は景気回復するまでの限定なら賛成です。
数年前、元財務省の高橋洋一氏が
緩和を行わない日銀に対して、政府紙幣を発行して日銀に日銀券と交換させ国債を買うという手法もあると
発言していました。またポール クルーグマンも一兆ドルコインを発行すべきなどと言っていたと思いますが、このような手法に対する闇株新聞さんの意見を聞かせてください。
日銀が景気回復するまでの間に大量の国債を買い、その後に日銀が債権放棄するという方法も可能だと思うのですが、どう思いますか?
もちろん望ましい方法ではないということは理解しているつもりです。
しかし莫大な政府債務を減らす方法としては、税金を高くして返済していくよりも現実的ではありませんか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム