闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

2013年度にも経常収支が赤字転落の可能性 その意味は?

2014年01月15日

2013年度にも経常収支が赤字転落の可能性 その意味は?


 本日(1月14日)発表された2013年11月の国際収支速報では、モノ・サービス・配当・利子などの海外との総合的な取引状況を反映する経常収支が5928億円の赤字となりました。赤字はその前月の1279億円に続く2カ月連続で、2012年1月の4556億円を上回る「過去最大の赤字」です。

 経常収支の黒字は2007年度の24兆7220億円をピークに、2010年度が16兆6593億円、2011年度が7兆6179億円、2012年度が4兆3537億円と激減しており、2013年度は4~11月の累計で黒字が2兆3603億円しかなく、下半期は季節的にもさらに赤字が拡大すると予想されるため「通年でも経常赤字に転落する」可能性が出てきました。

 2013年11月の経常収支の内訳は、貿易収支が1兆2543億円の赤字、サービス収支が1100億円の赤字、所得収支が9002億円の黒字、移転収支は1287億円の赤字で、合計が5928億円の赤字です。

 もう少し詳しくみてみますと、11月の貿易赤字は11月としては過去最大で、内訳は輸出が5兆6316億円(前年同月比17.6%増)、輸入が6兆8859億円(同22.1%)となっており、相変わらず燃料輸入の増加で輸入が増える一方で円安に関わらず輸出の伸びが限定的で、全体として赤字の拡大が止まりません。

 貿易収支にサービス収支を加えると、2010年度の5兆2225億円の黒字から、2011年度は5兆2964億円の赤字に転落し、2012年度も9兆4338億円の赤字と拡大しています。2013年度は4~11月の累計で8兆2226億円の赤字となっており、このままだと通年で12~14兆円の大赤字になりそうです。

 一方で11月の所得収支は9002億円の黒字ですが、前年同月比でわずか0.8%の増加です。2012年度は通年で14兆7452億の黒字だったのですが、2013年度は貿易収支・サービス収支・移転収支の赤字をカバーできるかどうか微妙になってきました。

 繰り返しですが、冗談ではなく「足元では経常収支の赤字が定着し、2013年度は通年でも史上初めて経常赤字に転落する」可能性が出ているのです。

 2013年度の赤字転落を仮に回避できたとしても、2014年度からは間違いなく「日本は経常赤字国」となります。

 経常赤字に転落するということは「日本から富が流出しはじめる」ことで「日本がだんだん貧乏になっていく」ことになります。

 経常収支が赤字になっても、長期資本収支が黒字(つまり海外から投資資金が流入超になる)であれば問題ないと思われているようですが、全く違います。

 昨年1年間で外国人投資家が日本株を14兆円以上買い越しました。確かに14兆円以上の資金が流入しているのですが、これは外国人が「勝手に」日本株を買い越しただけで「日本に富が蓄積された」わけではありません。

 逆に日本人がドル債を購入するとか日本企業が海外に投資を行えば海外に資金が流出するのですが、これも日本人が資産を海外に移転しているだけで富の増減はありません。

 ちなみに2012年度の長期資本収支は5兆4786億円の赤字(つまり資本流出)だったのですが、これは日本の富の増減とは関係がありません。

 つまり長期資本収支と経常収支は全く意味が違い、仮に経常収支の赤字を長期資本収支の黒字でカバーしたとすると、それは日本が今まで蓄積した富を外国人に切り売りして経常収支の赤字を埋めたことになり「日本が貧乏になっていく」のです。

 常識的には、毎年貧乏になっていく日本に投資してくれる国はだんだん少なくなり、一方で日本からの資本逃避も加速するため、長期資本収支の赤字も拡大していくはずです。つまり「富だけではなく資金も日本から流出」していくことになります。

 米国は常に経常収支が赤字です。2010年~2012年も毎年4500億ドル前後の赤字です。それでは米国も毎年「貧乏になっている」のでしょうか?

 全く違います。ドルは基軸通貨なので、米国はドルあるいは国債という「紙切れ」を渡せばよいのです。

 本誌が常に「円の国際化(基軸通貨化)」と主張していたのは、経常収支が赤字になる前に米国のように「紙切れ」を渡して「貧乏にならない」システムを作り上げる必要を強く感じていたからです。

 思っていたよりもはるかに早く「手遅れ」になってしまいそうです。

 日銀の「異次元」金融緩和および「金融抑圧」の弊害は、こういうところにも出てきているのです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
アメリカなんて経常収支ずっと赤字ですが、順調に見えますが・・・
外人が株を買って株価があがれば、年金や生保の
含み益が増えて、保険の加入者に還元されて
国民が潤いますが・・・
日銀の「異次元」金融緩和および「金融抑圧」の弊害と

経常収支が5928億円の赤字はどういう関係ですか?

原発可動で解決されますか?

そうだとすると小泉さんは昔から

ろくなことしませんね。
経常収支がマイナスで日本が貧乏になると騒ぐのであれば、経常収支がプラスであったころは日本が金持ちになると騒いでなければバランスに欠くと思うのですが。
リーマンショック前の2007年ごろは多少景気が良かったのは確かですが、それ以降の景気後退中にもかかわらず経常収支が黒字だから日本は金持ちになると主張していた人が存在したような記憶はありません。
いうまでもなく、資源のない日本という国においての財政赤字と経常収支の双子の赤字が問題なの。
オーストラリアとは違うんだよ。
そうかなあ、2000年代(震災まで)はすごい経常黒字をだしてたけど、それでも不景気だったよねえ。給料は上がらない、人口減、リストラ、産業空洞化、エネルギー高騰。量的緩和しようがしまいが どっちに転んでも不景気じゃん。他に問題あるんじゃないの? 原発停止はなかったけど。移民をより積極的に入れるべきだと思うよ。同質社会の日本人ではこのデフレ蟻地獄は脱出出来ないと思う。レールに敷かれた列車にお行儀よく座るのは得意でも、原野を開拓してく事は不得意だよね。現代日本人は。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム